• 試合スケジュール
  • HOME
  • 海外ボクシング情報

  • 速報!ドニー・ニエテス 対 井岡一翔!

    速報!ドニー・ニエテス 対 井岡一翔!

    2018.12.31
    中国の特別行政区マカオに在る、ウィン・パレスにて2018年最後の世界戦がただいま終了、井上尚弥(大橋)選手の返上した空位のWBOスーパーフライ級王座決定戦は同級1位のドニー・ニエテス(フィリピン)が同級3位の井岡一翔(SANKYO)に12回判定勝利、ニエテスが4階級制覇を達成しています(2対1/118-110、116-112:ニエテス、116-112:井岡)。

    お互いにスタートはシャープなジャブを出し合う探り合いとなり、2ラウンドは至近距離での攻防を見せますが非常に冷静に映るニエテスがパンチの回転力で優勢と映ります。3ラウンド、プレッシャーを掛ける井岡に対しアッパーの連打、コンビネーションの合間にシャープなジャブとパンチの多彩さでニエテスがポイントを挙げたように映ります。4ラウンド1分過ぎにはニエテスの右、左とフックがヒット、井岡の膝が一瞬揺れ、5ラウンドに入ると流れを変えようとする井岡が前進を控え、サイドステップを使いますがニエテスのジャブが冴えこのラウンドもポイントを獲られたように映ります。6ラウンド、1分過ぎに右を合わされた井岡は力感こそ感じさせないもののタイミングの良いニエテスのジャブを食いポイント的には厳しい折り返しと映ります。

    技巧では厳しい展開と映るなか36歳のニエテスのスタミナを削っておきたい井岡は、再びプレッシャーを掛けて行くもののニエテスのディフェンスに阻まれ有効打を打ち込むことが出来ず手数でも明確に上回ることが出来ないまま終盤に入ると10ラウンド、お互いに決定的な場面の無いなかでポイント面で優勢と考えているのか井岡はフットワークを駆使し距離を取る場面を作るものの中盤に左フックをヒットします。11ラウンドはお互いに近い距離でパンチを交換しますが、有効打の数では若干井岡が優勢に映るものの迎えた最終回、ニエテスの左アッパーがヒットし、井岡は前に出て攻めの姿勢を見せるなかで終了のゴングが鳴っています。WBOミニマム、WBOライトフライ、IBFフライと制してきたニエテス選手は4階級制覇達成、42勝23KO1敗5分としています。一方、WBA&WBCミニマム、WBAライトフライ、WBAフライを制してきた井岡選手は23勝13KO2敗としています。



    セミファイナルのIBF世界フライ級タイトルマッチは同級14位の坂本真宏(六島)がチャンピオンのモルティ・ムタラネ(南アフリカ)に10ラウンド終了TKO負け、王座防衛となっています。

    ガードを高く上げながら上下にコンビネーションを放つ王者に対し、上背で勝る坂本が細かい連打を集めながらじわじわと前に出ていくものの有効打は王者が優勢のまま坂本の頑張りが印象に残りラウンドが進みます。ブロックを多用する王者は坂本が手を出している間はブロッキングに終始、やや攻防分離のスタイルとあって坂本がコンビネーションを出している間は良い印象も残しますが、徐々に王者の有効打が増えていくと8ラウンドには肩越しの右が再三ヒット、両まぶたを腫らし始めた坂本がバランスを崩します。10ラウンド開始ゴングが鳴り、特に右まぶたの腫れた坂本にドクターチェックが入り、視界を確認しますが続行となります。懸命に打ち返す坂本の攻撃の多くは王者のガードに阻まれながら前進を繰り返しますが、このラウンド終了後に右まぶたがほぼ塞がった坂本にストップが掛かっています。初防衛に成功したムタラネ選手は37勝25KO2敗、坂本選手は13勝9KO2敗としています。



    アンダーカード、WBAライトフライ級タイトルマッチは同級スーパーチャンピオンのヘッキー・ブドラー(南アフリカ)が前IBFミニマム級王者の京口紘人(ワタナベ)に10ラウンド終了、棄権TKO負けにより王座交代となっています。

    得意の左ボディを狙っていく京口ですが、王者のシャープなジャブやコンパクトなアッパーを食う場面が印象に残る初回を終え、2ラウンドも前に出る京口に対し、フットワークを使いながら王者が手数をまとめるラウンドとなります。3ラウンド辺りからお互いに右の距離が合いはじめペース争いが激しくなりますが、京口のパンチは正確性に欠け、プレッシャーこそ掛け続けるものの王者が主武器の手数で、コツンコツンと当てては離れるスタイルがポイントを引き寄せていくように映ります。中盤、王者の右目尻から微量の出血が見え始め、7ラウンドは右ストレートで王者の顔を2度跳ね上げた京口が明確にポイントを挙げたように映り徐々に挑戦者が流れを引き寄せていくように映ります。9ラウンド序盤にも京口がコンパクトな左アッパーをヒットすると王者の動きが一瞬止まるなど良いラウンドを造り、10ラウンド残り40秒、京口の左ボディが入ると王者が横を向き、ローブローをアピールしますがマーク・カローイ(米国)レフェリーは続行を指示、ボディが効いている印象を残しゴングが鳴ると、インターバル中にブドラーが棄権の意思を表明しています。レギュラー・チャンピオンにC.カニサレス(ベネズエラ)が就く王座のスーパー王者となった京口選手は12戦全勝9KO、初防衛に失敗したブドラー選手は32勝10KO4敗、キャリア初のTKO負けを喫しています。
  • ビッグファイトを目指すアルベルト・マチャドが2月に防衛戦

    ビッグファイトを目指すアルベルト・マチャドが2月に防衛戦

    2018.12.31
    21戦全勝17KOの好レコードを誇るWBA世界スーパーフェザー級レギュラーチャンピオン、アルベルト・マチャド(プエルトリコ)の同王座3度目の防衛戦が来春開催としています。これはファン・デ・レオン・マネジャーが地元メディアにコメントしたもので、「(指名挑戦者決定戦を勝ち上がった)レネ・アルバラードはカルロス・モラレス戦で数ヶ所をカットしたことにより2月9日に予定するタイトルマッチは間に合わないでしょう。傷が回復したのちに指名防衛戦を行うことで、選択防衛戦を1試合挟むことを検討しています。」と複数のメディアが報じています。


    次戦を2月9日に米国のカリフォルニア州インディオに在る、ファンタシー・スプリングス・リゾート&カジノで行うとする28歳のマチャドですが、同マネジャーはその防衛戦の対戦候補として、同級10位のアンドリュー・カンシオ(写真/米国/25戦19勝14KO4敗2分)の名前を挙げています。「カンシオとの戦いはマチャドにとって良い戦いと言えるでしょう、カンシオは(16年9月に)ジョセフ・ディアス Jr. とも拳を交えているように経験値も有りますし、(15年12月には)レネ・アルバラードにもKO勝利をおさめています。もしカンシオ戦が実現すればマチャドにとってもチャレンジ・マッチと言えるでしょう、近い将来のビッグファイトを狙うためにも重要な一戦となるはずです。」と述べ正式発表を待つのみといった状況に触れています。


    ガッツ溢れる試合運びに定評のある30歳のカンシオは、ここぞというところで黒星を喫している印象を残すものの打ち合いも辞さないスタイルは多くの人気を得ています。サウスポーのマチャドとしては、同級スーパーチャンピオンのG.デービスが同日にA.マレスとのビッグファイトを発表していることもあり、勝者同士の統一戦を目指す意味でも快勝をおさめてアピールしておきたいところでしょう。
  • 先週海外注目試合結果

    先週海外注目試合結果

    2018.12.31
    <現地時間28日>
    3月に岩佐亮佑(セレス)選手の保持していた世界王座に挑み、12回判定負けを喫している、フィリピン・スーパーバンタム級8位のエルネスト・サウロンがジュンジー・ラウサ(ともにフィリピン)に5回終了TKO勝利、連敗脱出を果たしています。29歳のサウロンは22勝9KO4敗1分としています。



    南アフリカのケープタウンにてWBOアフリカ・スーパーフェザー級王者のジェレミア・ナカティリャ(ナミビア)がプリンス・ロモ(南アフリカ)を相手に防衛戦を行う予定でしたが、ロモが3.2ポンド(約1.5Kg)をオーバーしたことでノンタイトル戦に変更、試合は9回TKOでナカティリャが勝利をおさめています。WBO5位でもあるナカティリャは17勝13KO1敗としています。



    アルゼンチンのブエノスアイレスにてWBOウェルター級4位のルイス・アルベルト・ベロンが保持するWBO同級ラテン王座の防衛戦を行い、アドルフォ・マウリシオ・モレスキ(ともにアルゼンチン)に10回判定勝利(3対0)、王座防衛です。26歳のベロンは全勝レコードを17(8KO)に伸ばしています。

    またWBOミドル級12位のマルセロ・コセレス(アルゼンチン)はバシリオ・シルバ(ドミニカ共和国)を2回KOに下しています。27歳のコセレスは26勝14KO1分としています。



    <現地時間27日>
    元WBOスーパーウェルター級暫定王者のルカシ・コネチニ(チェコ)がチェコのプラハで、14年4月のP.クイリン(米国/12回判定負け)戦以来の復帰戦を行い(写真)、スーパーミドル級8回戦でマトゥーシュ・バビアク(スロバキア)に8回判定勝利をおさめています(3対0)。試合発表会見の席でコネチニは、「間違いなくファイトマネーのための復帰ではありません、それよりも見栄、虚栄心です。私は店舗も2つ持っているし、地方議員でもあり、女子ボクサーのコーチもしていますので困窮してはいません。ファイトマネーは高額か?大金ではないがもちろん無料ではありません、しかし他の選手との兼ね合いもあるので明言は避けます、それはプロモーターの仕事ですからね。私より金額の多寡で若い選手が失望するのは嘆かわしいことです。(クイリン戦以降に)何度かオファーを受けては断ってきましたが今回、面白いオファーだったので受け入れることにしました。私にはまだその価値があると喜んでいます。」と素直に心情を吐露していた40歳のコネチニは51勝23KO5敗、「今でもダブルビジョンは治っていないから、卓球とか的が小さくスピードがあるスポーツは厳しいけどボクシングなら何とかなるよ。」とも述べており、正真正銘のラストファイトを示唆しています。敗れた28歳のバビアクは7勝4KO2敗としています。



    <現地時間24日>
    近年、アフリカで頻繁に行われている、WBOアフリカ王座のダブルタイトルマッチが行われ、WBOアフリカ・スーパーウェルター級王者のパトリック・アロテイ(ガーナ)がシェリフ・カソンゴ(コンゴ)に12回判定勝利(3対0)、王座防衛を果たしています。28歳のアロテイは40勝30KO3敗としています。

    またWBOアフリカ・ヘビー級王者のリチャード・ラーティ(ガーナ)はモリス・オコラ(ケニヤ)を9回終了、棄権TKOに下し王座防衛に成功です。「オコラを攻め上げて試合を終わらせようとしたところで棄権となってしまいました、しかし良いテストマッチだったし、良いチャレンジになりました。2019年はアンソニー・ジョシュア、ディリアン・ホワイト、そしてジョセフ・パーカーらと是非対戦したいですね。」とビッグファイトを熱望したラーティです。
  • 2018年のボクシング界を締めくくる中国、マカオの計量結果

    2018年のボクシング界を締めくくる中国、マカオの計量結果

    2018.12.30
    2018年の大晦日、中国特別行政区マカオにて激突するトリプル世界タイトルマッチの公式計量が行われ、世界戦に出場する6選手がクリア、明日のゴングを待ちます。テレビ放送はセミファイナルのWBAライトフライ級戦が関東のみTBSにて17時から放送、そしてメインのWBOスーパーフライ級戦はTBSにて19時半ごろからの放送予定となっています。


    <WBOスーパーフライ級王座決定戦>
    1位、ドニー・ニエテス(フィリピン/47戦41勝23KO1敗5分):115ポンド(52.1Kg)リミット
    3位、井岡一翔(SANKYO/24戦23勝13KO1敗):114.5ポンド(51.9Kg)
    ※WBOミニマム、WBOライトフライ、IBFフライを制したニエテス選手、WBA&WBCミニマム、WBAライトフライ、WBAフライを制した井岡選手による王座決定戦はどちらがチャンピオンベルトに加え、4階級制覇の称号を手にするのでしょうか?ブランクによる錆も落ちてきた井岡選手が、36歳のベテラン、ニエテス選手を押し切るのではないかと予想する声が大きいようです。


    <WBAライトフライ級タイトルマッチ>
    スーパーチャンピオン、ヘッキー・ブドラー(南アフリカ/35戦32勝10KO3敗):106.75ポンド(48.4Kg)
    前IBFミニマム級王者、京口紘人(ワタナベ/11戦全勝8KO):107.75ポンド(48.8Kg)
    ※5月、日本のリングでキャリアに裏打ちされた技巧と強さを証明した王者ブドラーにとっての初防衛戦。経験の王者か、若さの挑戦者か、なかなか予想のつけづらい拮抗した好ファイトが期待されます。勝者は同級レギュラーチャンピオンに就く、カルロス・カニサレス(ベネズエラ)との王座統一戦も期待が高まるところです。


    <IBFフライ級タイトルマッチ>
    王者、モルティ・ムタラネ(南アフリカ/38戦36勝24KO2敗):111.5ポンド(50.5Kg)
    同級14位、坂本真宏(六島/14戦13勝9KO1敗):111.5ポンド
    ※約9年前に同王座を獲得、難敵を打ち破り4度の防衛に成功したのち厳しい条件での指名防衛戦を拒否し王座を返上したムタラネにとって第2次政権はどれだけ維持できるのでしょうか?経済的な基盤を持つ国であれば長期政権も築けるであろう王者の圧倒的有利が伝えられる一戦。日本と東洋太平洋両王座に挑戦経験の無い挑戦者が第三国で番狂わせを目指します。
  • クリストファー・ロサレス「フライ級の王座を取り戻してから、スーパーフライ級に上がりたい」

    クリストファー・ロサレス「フライ級の王座を取り戻してから、スーパーフライ級に上がりたい」

    2018.12.29
    22日にWBC世界フライ級王座2度目の防衛に失敗し、まさかの王座陥落となった前王者、クリストファー・ロサレス(ニカラグア/32戦28勝19KO4敗)が試合を振り返り、王座返り咲きを目指すとしています。24日の朝に母国ニカラグアに帰国したと話した24歳の前王者はリマッチを願うコメントも残していますが、王者チャーリー・エドワーズ(英国)陣営は興行力で勝るだけに受けるのか微妙なところでしょう。



    「今回の試合は難しいものでした、私はエドワーズが走り回ることは分かっていたし自身の勝利を信じていましたが(敵地開催とあって)判定で勝てないことは明らかでした。(引分が妥当と思いましたが)すでに試合前から結論が出ていたような判定結果に感じました。ゴングが鳴り、試合が終ったところでベルトは失ったと感じました、最終回まで行けば勝利は難しいと分かっていましたし、敵地で戦っている以上、起こりうることでした。」

    「我々はタイトルを取り返すことを願っていますし、チームでも再挑戦へ向けて前に進むことを確認しています。まずフライ級でベルトを取り戻し、その後でスーパーフライ級に上がるつもりです。エドワーズは止まることなく動き回っていたので難しい試合になりましたし、あっという間にラウンドが過ぎて行きました。もし彼らがリマッチを受けてくれるのならとても喜ばしいことですが、一先ず2週間ほど身体を休めてからジムに戻るつもりです。」と振り返っています。開始から気負い過ぎか、前のめりの態勢となりバランスを崩す場面も多かったロサレスですが、チャンピオンベルトを取り戻すことは出来るでしょうか?
  • IBF戦アンダーカードにサンマン・プロモーションズ期待のホープが出場

    IBF戦アンダーカードにサンマン・プロモーションズ期待のホープが出場

    2018.12.28
    M.パッキャオのホームタウンとして知られるフィリピンのミンダナオ島、ジェネラルサントス・シティに在る、サンマン・プロモーションズはジム・クラウド・マナンキル・プロモーターのもと、ここ数年好ボクサーを輩出している新興プロモーションですが、同プロモーション期待のホープ、マイク・アンヘロ・プラニャ(写真/フィリピン/18戦17勝10KO1敗)の次戦として、対戦相手未定ながら2019年1月13日に米国のロサンゼルスで行われる、IBF世界スーパーミドル級戦のアンダーカードが決まっています。


    優れた身体能力を武器に " Magic " の愛称を持つ21歳のプラニャにとって今回はアメリカ2戦目のリングとなり初戦は3月。元WBAスーパー王者のJ.C.パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦し、10回判定負けを喫し初黒星を付けられますがベテラン・サウスポーからダウンを奪う健闘を見せています。フィリピンの国内ランキングではバンタム級5位としていますが、パッキャオの快進撃を見て育ったボクサーやマネジャーも増えてきたためか、国内王座に興味を示さず、ダイレクトにアメリカでのビッグチャンスを目指す傾向も増加しています。


    同プロモーションはプラニャ同様に高い期待を示す22歳のWBAバンタム級暫定王者、レイマート・ガバリョ(フィリピン/20戦全勝17KO)と、23歳のロメロ・ドゥノ(フィリピン/19戦18勝14KO1敗)の次戦を2019年2月9日にフィリピンのマニラで開催することも発表しています。ドゥノの共同プロモートを務める、ゴールデンボーイ・プロモーションズのO.デラホーヤ・プロモーターもドゥノについて、公式の場で2019年の世界挑戦を示唆するなど大事な1年となりそうですが、プラニャ、ガバリョ、ドゥノらが海外のリングで経験を積み、ビッグチャンスを手にする日も遠くなさそうです。
  • ドニー・ニエテス「今回はこれまで以上にアグレッシブに攻める必要がある」

    ドニー・ニエテス「今回はこれまで以上にアグレッシブに攻める必要がある」

    2018.12.27
    2018年最後の世界タイトルマッチ、中国のマカオで行われるトリプル世界戦のメインイベントを務める、WBO世界スーパーフライ級1位のドニー・ニエテス(写真/フィリピン/47戦41勝23KO1敗5分)が同級3位、井岡一翔(SANKYO/24戦23勝13KO1敗)戦へ向けて、25日にフィリピンを出発、試合地のマカオに入ったことが報じられています。


    両選手にとって4階級制覇が掛かる一戦ですが、29歳の井岡選手に対してニエテス選手は36歳、ラストチャンスとなってしまう可能性もありますが、落ち着いたコメントを残して大一番を目指します。「今回はこれまで以上にアグレッシブに戦う必要があります、私はジャッジに試合決定を委ねるつもりはありません。私は自分の勝利を100%信じています。」9月のA.パリクテ(フィリピン)戦が12回引分に終わったことも影響しそうです。


    そしてALAジムのエディト・ビラモア・トレーナーも気合十分です。「判定結果についてはジャッジ次第となりますが、ドニーにとって4本目の世界王座獲得というモチベーションは日に日に高まっています。トレーニング・キャンプもとても順調に進みました、いつも同じ選手とばかりスパーリングをやって、手の内を知った選手とスパーリングしていても恐さが無いのでいつものパートナーから変更してスパーリングを行いました。ドニーもいつもと異なる感覚を掴んだろうし、パエルもホアキノも井岡と類似点があります、彼らとのスパーリングはドニーにとても良いスパーリングになっています。井岡にもウィークポイントはありますが、ここで詳細を話すつもりはありません。ドニーがファン・カルロス・レベコやアストン・パリクテとの戦いで見せたような試合運びが出来ると考えています。」と述べています。


    これまで同ジムでトレーニングを重ねる、ジョナス・スルタン、アーサー・ビジャヌエバ、ジェオ・サンティシマ、ケビン・ジェイク・カタラハらとのスパーリングが多かったニエテス選手ですが、他ジムから呼び、レノエル・パエルとエリアス・ホアキノ両選手とスパーリングを重ねたことで対策としたと述べています。アジア選手として、M.パッキャオ、N.ドネアに次ぐ4階級制覇を達成するのはニエテス選手でしょうか、それとも井岡選手でしょうか?
  • 連敗中のプンルアン・ソー・シンユーが今度は韓国のリングへ

    連敗中のプンルアン・ソー・シンユーが今度は韓国のリングへ

    2018.12.27
    元WBOバンタム級王者のプンルアン・ソー・シンユー(写真/タイ/58戦52勝35KO6敗)の59戦目が明らかとなり、2019年2月10日に韓国のリングに上がることが決まっています。日本でもお馴染みのM.タパレス(フィリピン)とダウン応酬の激闘の末、同王座を手放したのが16年7月。12月21日にも元オリンピアンのP.フレミング(豪州)に8回判定負けを喫している29歳のプンルアンは記録サイト『BoxRec』に記載されている範囲で3連敗中となっています。


    スタートは1ボクシングマニアが始めたことも有名な同サイトですが、タイは日本ほど同サイトへ情報を提供しておらず、管轄コミッションの管理体制も影響し、記載されていない試合が数多くあることは多くの関係者が指摘するところで、フレミング戦前に自国リングに上がっていた可能性は否定できませんが世界王座を手にしたバンタム級でも小柄な体躯のプンルアンがフレミング戦ではスーパーフェザー級で戦うという厳しいマッチメイクも黒星の最たる理由と言えるでしょう。


    そんなプンルアンの次戦はソウルで開催、キム・ファンキル(9戦8勝4KO1敗)とWBAアジア・ライト級王座決定戦を行うとしています。フレーム・サイズの不利は広がる一方と言えそうですが、元世界王者の意地を魅せることは出来るでしょうか?
  • キース・サーマン復帰戦アンダーカードでIBOフェザー級戦が挙行

    キース・サーマン復帰戦アンダーカードでIBOフェザー級戦が挙行

    2018.12.26
    WBAウェルター級スーパーチャンピオン、キース・サーマン(米国/29戦28勝22KO1無判定)が同級7位、ホセシト・ロペス(米国/44戦36勝19KO7敗)を迎える一戦は暫定王者時から含めて8度目となる防衛戦ながら肩や肘の故障から実におよそ22ヶ月振りという期間がどれだけ影響するのか、特筆するパワーは無いもののガッツが主武器のロペスはまさに格好の復帰戦相手と言えるでしょう。


    1ヶ月後となる2019年1月26日、ニューヨークのバークレイズ・センターで行われるイベントのセミファイナルには倒しっぷりで人気高騰中のIBFヘビー級6位、アダム・コウナッキー(ポーランド/18戦全勝14KO)がWBC32位のジェラルド・ワシントン(米国/22戦19勝12KO2敗1分)と拳を交えます。昨年2月にD.ワイルダー(米国)の持つWBC王座に挑戦し、5回TKO負けを喫しているワシントンがどこまで粘れるか、楽しみな一戦です。


    そして12年ロンドン五輪でフライ級銀メダリスト、WBCではフェザー級7位につける、ツグスソグ・ニヤンバヤル(モンゴル/10戦全勝9KO)が空位のIBO同級王座決定戦に出場することが決定、WBCで同級3位につける元WBA同級暫定王者のクラウディオ・マレロ(ドミニカ共和国/25戦23勝17KO2敗)とのマッチアップはなかなか興味深い対戦と言えそうです。モンゴル出身というと来日経験を持つ元WBAスーパーフェザー級王者のラクバ・シンが同国出身ボクサーとして初の世界王者に就いていますが、26歳のツグスソグが同国2人目の世界王者を目指します。
  • 元WBO王者のクリス・アルジェリが7週間で復帰2戦目のリングへ

    元WBO王者のクリス・アルジェリが7週間で復帰2戦目のリングへ

    2018.12.26
    11月30日にA.エルナンデス(米国)を相手に約2年7ヶ月振りの再起戦を行い、10回判定勝利をおさめていた元WBOスーパーライト級王者のクリス・アルジェリ(米国/25戦22勝8KO3敗)が49日という間隔で復帰2戦目を発表、2019年1月18日のニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン・シアターで、ダニエル・ゴンサレス(米国/19戦17勝7KO1敗1分)と対戦するとしています。



    34歳のアルジェリ、28歳のゴンサレス、どちらのプロモート権も持つ、ジョー・デグアルディア・プロモーターは「アルジェリとゴンサレスはお互いに、マジソン・スクエア・ガーデンのシアターで戦うチャンスに飛びつきました。彼らはお互いに良く知っており、(自身の)スター・ボクシング契約下ではありますが、両選手ともこの試合が非常に素晴らしい舞台で行われることを認識しています。私自身、1月19日を楽しみにしています。」とコメントを残しています。同門、そしてお互いにニューヨークが地元という両者がWBOミドル級戦、D.アンドラーデ対A.アカボフ戦のアンダーカードで勝利を目指します。
  • 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16