FIGHTER PROFILE

  • 選手プロフィール
  • PHOTOリポート
  • 求む、練習生
  • HOME
  • 帝拳選手 最新情報

PHOTOリポート FIGHTER PROFILE

  • 村田諒太の世界タイトルマッチ日記 Vol.15

    村田諒太の世界タイトルマッチ日記 Vol.15

    「5月に入りましたね、試合の月になった訳ですけど試合まであと20日と考えると一生懸命に追い込めるのはあと1週間、10日間といったところだと思うんです。減量などコンディションの調整も大事になってきますからね。スパーリング・パートナーも頑張ってくれているし、残りしっかり追い込んで行きたいですね。」とWBA世界ミドル級王座決定戦を5月20日(土)に控える村田諒太です。

    「今日(5月1日)はいつもとスパーリングの順番を変えて6ラウンドをやりましたが、スピードがあって足の速いパトリックを最初にスパーリングすることが多かったんです。エンダム選手が距離を作ろうとする展開をイメージして足を使う相手を追いかける練習を考えてのことですが、逆にスタートから前に出てくることも十分想定しておかないといけないと思って、プレッシャーの強いタイソンから始めました。」

    「もちろんどう動くかなんて相手のことばかり考えてる訳じゃないですけどね、タイプの違う4選手がパートナーとして居るので状況に応じてって感じです。あとは毎回同じことばかりやっていてもマンネリ化というか、刺激もあって良いと思うんです。」

    「出来ですか?うーん、パンチは良く見えましたね、食う危険性というか危ない場面は無かったと思います。ただ右を打った時の体重の乗りが悪かったと感じました。身体は良い感じなんです、ヘンなダルさも無く。というのも月曜日は他の曜日と比べて日曜日の影響ですかね、身体が気だるく感じるときがあるので、昨日もしっかり走ったし、初動負荷トレーニングにも行ったりと割と身体を動かしたんですよ。そのおかげですかね、身体は良い感じでした。」



    「しかし昨日の世界ヘビー級タイトルマッチはめちゃめちゃ面白かったですね、こう言ったら何ですけど最近のヘビー級の試合というとちょっとな、と思う試合も多かったので久々に見入っちゃいました(笑)。まず感じたのはウラディミールの頑張りですね、正直なところあれだけ仕上げてくるとは考えていなかったです。中盤から後半にグズグズしだすのが多かった印象ですが、41歳で1年半振りのリングであれだけのパフォーマンスは凄いですよね。」

    「ジョシュアも6ラウンドにあの右を食って立ち上がるのも凄いし、最後には倒して勝つんですからね、あれがスターと言うんでしょうね。ジョシュアの根性に驚かされたし、凄まじいとしか言い様が無いです。しかも会場は9万人の観客ですか、それを考えるとチャベスが(93年2月に)グレグ・ホーゲン戦で13万人集めたっていうのは信じられない数字ですね(笑)、それにしても良い試合でした。」



    「試合までまだ時間はあるし、まだ練習量を落とすのは早過ぎるんでしっかり追い込めるうちは追い込んで行きたいですね。今週もあと2回、スパーリングの曜日やラウンドは相談しながら決めるとして長いラウンドを取り入れてみたいですね。しっかり追い込んで、5月20日は自身を持ってリングに上がれるようにしたいです!」
    PHOTOリポートを見る
  • 村田諒太の世界タイトルマッチ日記 Vol.14

    村田諒太の世界タイトルマッチ日記 Vol.14

    WBA世界ミドル級1位、アッサン・エンダム(フランス)とのWBA世界ミドル級王座決定戦まで3週間となった同級2位の村田諒太は29日にパトリック・デイ選手と3ラウンド、スティーブン・マルティネス選手と2ラウンドの5ラウンド・スパーリングを終えています。前日は「良い内容」と話した10ラウンド・スパーリングからのプレッシャーも口にしていた村田ですが、「今日は良かったですね、身体のダルさも無いし、右を打ったときの体重の乗りも良かったと思います。」と不安を一掃する良い手応えを述べています。

    「身体も動いていたし、イメージしているエンダム選手との試合を想定しながら色々と試しながら動いてみたんです。スパーリングを始める前はそこまで考えていなかったんです、途中から考えついたんですが良い手応えでしたよ。こうプレッシャーを掛けて行くとこう出てくるかな、とか色々と考えて動きを想定しながら出来ました、良い感じでしたね。」

    「左を差したあと、右を打ち込んでも良いタイミングで待ってしまったり、見てしまった部分は反省点ですね。左を入れて間髪入れずに右を打ち込んどけばというところが何度かあったので次に反省点です。あとは今日もスパーリングを撮ってあるので帰って見直したいと思います。」



    「コンディションは本当に思っていたより疲れも出ないんですよね、初動負荷トレーニングやマッサージ、身体のケアはしっかりやっている方だとは思ってますが。サプリメントも摂っているし。急にガタっと来ないか心配と言えば心配ではありますね(笑)。」

    「今日もコンディションは良かったし、スパーリングも8ラウンドを考えたのですが田中トレーナーが、短くて良いとのことで、その分サンドバッグでしっかり追い込んだ練習をやりました。試合まで3週間、ペースダウンするには全然早いし、スパーリングのラウンドが短い日はスタミナの低下が怖いんでそういったメニューで追い込んで行くつもりです。」

    「ジャブを当てに行き過ぎて前重心になるところももっと身体に馴染ませて、試合でしっかり出せるようにしたいですね。先週、そして今週と良い形になってきたかなという手応えもありますが、結局、5月20日に悔いの残る形でリングに上がらないようにすることが重要だと思うんです。迷い無く全力を出せるかどうかだと考えています、このまま崩さずに行きたいですね。」



    「とりあえず僕はジョシュアの7、8ラウンドKO勝ちを予想します(笑)!クリチコが身長差の無い選手に結構何も出来ないのはバレてきているし、ちょっと疲れの出てくる中盤以降にクリンチコ選手のクリンチも増え始めて、ジョシュアに攻め込まれて最後は気持ちが折れ掛けて嫌倒れ的に終わりかな、と(笑)。ジョシュアのガードの外からクリチコの左フックも入りそうな気もしますが、まぁ、勝敗は変わらないでしょうね。でも凄く楽しみですよ、明日のヘビー級戦は!」
    PHOTOリポートを見る
  • 石本康隆の小田原日記 Vol.6

    石本康隆の小田原日記 Vol.6

    4月24日から石本康隆、玉山将也、そして27日から佐々木洵樹も加わった神奈川県小田原市でのトレーニング・キャンプも予定通りにメニューを消化し最終日となった29日も夕方のトレーニング・メニューを無事の終了させた3人から充実のコメントが届いています。


    復帰戦へ向けて良いトレーニング・キャンプになったと話す石本は、「月曜日から始まった小田原キャンプ、無事怪我なく最終日を終えることが出来ました。今回は初日から朝、夕と前回以上の内容の濃いハードなメニューをこなすことが出来て、凄く自信になったし今は充実感でいっぱいです。しかし練習で満足していては意味がありません。必ず結果を出して自分がやってきたことを証明します。最後に今回このような環境を作ってくれた帝拳ジムの会長、マネジャーには心から感謝しています。ありがとうございました。」とし、玉山も、「小田原キャンプ終わりました!心肺機能やメンタルもそうですが石本さんや洵樹さんとキャンプを出来たことや、いろいろな話も聞けてとても充実してました!この恩は次の試合に勝つことだと思うので、この経験を生かししっかり勝ちます!!」とコメント。3日間の合流となった佐々木も「無事に3日間終了しました!1回目の合宿もきつかったですが今回は更にきつく疲れました。こんだけ合宿で追い込めたので次の試合に出さないと意味はありません、期待していて下さい!応援よろしくお願いします!最後も面白いコメントなしですみません!東京に戻っても頑張ります!」と締めています。月曜日からのジムワークにも一層気合を入れて精進に励みましょう!
  • 三浦隆司「世界戦が決まれば、元王者という考えは捨てて1挑戦者の気持ちで取り返します」

    三浦隆司「世界戦が決まれば、元王者という考えは捨てて1挑戦者の気持ちで取り返します」

    WBC1位のミゲル・ローマンを最終回TKOに下してから約3ヶ月が経過した三浦隆司がおよそ3ヶ月振りに実戦練習を再開しました。「そろそろやっておこうかな、と思ったのと正木との練習時間もちょうどタイミングが合ったので。」と話すように日本スーパーフェザー級9位の正木脩也と4ラウンドのマス・ボクシングを28日に行っています。



    「試合を終えて実戦練習を再開するときは気持ちも引き締まるものがありますが、これまでの経験でも実戦練習の初日は良い日もあれば悪い日もある、と考えてやっています。そういう意味では今日は出来の良い日でした。正木と4ラウンドでしたが自分の思い描いていた動き通りのことは出来たかな、と思っています。バランスも悪くなかったし上出来かなと思いますね。」

    「そんな感じで初日は良い悪いはあると思っているので気をつけるところは相手のパンチに対する反応、距離感、感覚などを試すことに重点を置いています。感覚的なところでも鈍りは感じなかったですね。スパーリングは試合の日程が正式に決まってから始めることになると思いますが、マス・ボクシングはこれからも少しずつ時間の合う選手が居ればこつこつ取り入れて行くつもりです。」

    「反省点ですか?正木のジャブをポンポンと続けてもらった場面があったのでそこは反省点ですね、ジャブを貰いながらでも最終的に仕留め切れれば良いですけど、仕留めきれずに目を塞がれた経験があるんで、たかがジャブと甘く見ないようにします(苦笑)。」

    「あの試合は確かにジャブで目が腫れましたが本当に軽いジャブだったんです、" この程度ならこのまま押し切れる " と判断して前に出ましたが結果的にそれで負けてしまいましたからね、あの時は完全に見えなくなりましたから。同じミスをしないように、軽いからとか、効かないからと簡単に考えずしっかり反省として頭に叩き込んでいます。」



    「田中トレーナーのミットはテンポ、リズムが良いので付いていくことによって足もきちんと動きながらミットを打てている感触があります。葛西トレーナーのミットは打ちながら、その中で細かい動きを矯正しながら打ち込んで行くといった印象です。今、2人の教えがしっかり生きている実感があるし、自分のスタイルにも合っていると感じています。今まで以上に強くなっている自分を感じながら練習しているところです。」

    「チャンピオンの対策ですか?1月の試合が終わってから1回だけ試合の映像を見ましたが、あとは見ていません。自分の頭の中でだいたいですけど対策に近いものは考えていますが、あとはスパーリングなどの中で煮詰めていくつもりです。以前、しっかり研究しようと思って事前にじっくり映像を見た試合があったんですけど、予想していた動きとは違った部分もあってリングの中でちょっと慌てた時があったんです。映像と実際で違う選手というのは少なくないと思うし、そういった怖い思い出があるので先入観は持ち過ぎないようにしていますね。」

    「タイトルマッチが決まれば必ずベルトを取り返します、これからは元チャンピオンという考えを捨てて1挑戦者という強い気持ちでベルトを取り返しに行くつもりです。頑張ります!」
    PHOTOリポートを見る
  • 村田諒太の世界タイトルマッチ日記 Vol.13

    村田諒太の世界タイトルマッチ日記 Vol.13

    「もう13回目ですか、帝拳ジムホームページの日記で2桁まで続いたのは僕が最初なんじゃないですかね、凄く光栄です(笑)!反響もあるし有りがたいですよ。」と笑顔を見せるWBA世界ミドル級2位の村田諒太にとってWBA世界同級王座決定戦までほぼ3週間と迫りました。

    「そうなんですよね、もうそろそろ3週間ですね。昨日も息子と寝てゆっくり出来たし、精神的にもまだ余裕はあると思っていますけど、いろいろ良い時期ですね。それにしてもやっぱり世界タイトルマッチというのは凄いなと思うのは取材陣の多さですよね、単純に凄いと思います。」



    「昨日出ると思っていたと話した疲労ですけど今日も感じないです、筋肉的な張りは少しありましたけどね。一昨日、10ラウンドのスパーリングをやって、昨日もしっかりと練習を積んだので今日は少し練習量を抑えめにしました。ただロープにせよ心拍数を上げるメニューは取り入れてやっています、スパーリングのラウンドを減らしても練習の中で心拍数を上げる練習は今後も注意して取り入れて行くつもりです。」

    「減量も順調です、食事は一応は気にしてるってところです。脂質の少ないものもそうですが高タンパクとか、食事面でもアドバイスを頂きながら摂るようにしていますね。例えば洋食にこだわるとパンとか続くだけでもあまり良くないと思うので、バランスを考えながら摂るようにしています。」

    「今日の練習のポイントは打ちに行くときに重心を前に置き過ぎない、行かせ過ぎないように心掛けました。体重移動をし過ぎて、エンダム選手はカウンターも巧いので食わないようにというところです。ただここ最近は試合映像もあまり見ないんですが、スタイルも少し変わってきていると思うんですよ。昔ほどフットワークを使わなくなった気もしますが、パワーを重視して使わなくなったのか、足が動かなくなってきているのか、カウンターもどこまで狙ってくるか、実際は分かりませんけどね。まぁ、頻繁に映像を見て対策を考え込むのも良くないと思うんで、最初に1回見たイメージを大事にしているところです。」



    「2日空きましたが予定通りですね、明日はスパーリングをやる予定です。前回の10ラウンド・スパーリングが良かったので、正直不安というかプレッシャーに感じる部分はあります(笑)。これまでの経験上、良いスパーリングが続いた試しはあまり無いんで、ちょっと恐いなと。前回良かったし今回も良いんだろ?みたいな空気の中で良くないスパーリングになっちゃうと(笑)。」

    「ラウンドもそんなに短く、落としたくない気持ちはあります、まだ3週間あるんで。もしスパーリングのラウンドを短くするのなら心拍数をしっかり上げる練習をきちんとやるつもりです。3週間前ですがここまで良い感じで来ていると思うし、体調を崩さないように自信を持って試合まで造り上げて行くつもりです!」
    PHOTOリポートを見る
  • 石本康隆の小田原日記 Vol.5

    石本康隆の小田原日記 Vol.5

    「5日目のトレーニングが終わりました。昨日から参加している洵樹はまだ元気ですが、月曜日から一緒にやっている玉山はさすがに疲れているようで、ご覧の通り朝のゴルフ場でも目が開いてませんね(笑)。でもしっかりメニューをこなしてましたし、彼が頑張る限り僕もギブアップは出来ませんし、いい刺激をもらっています。明日は3人共に全てを出し切るつもりで頑張ります!」と今夏の復帰戦へ向けて1日たりとも無駄に出来ない石本康隆から気合いの入った短信が届いています。またキャンプ合流2日目となる佐々木洵樹も、「自分は2日目のトレーニングが終わりました!無事に終われた事が嬉しいです。今日は色々なメニューで普段できないようなトレーニングばかりして体も普段とは違う痛みがあります。何も面白い事言えませんがいつも面白い事言う自分が言えないぐらい疲れました。あと1日頑張ります!」とコメント。石本とともにスタートした玉山将也は、「おつかれさまです!1日目から相当走り込んでますが1日ずつどんどんメニューがエグくなってきています(笑)。本当に追い込めてると思います。明日も気合いでやりきります!」とそれぞれ神奈川県小田原市にて元気にトレーニング・キャンプをこなしています。明日29日も一生懸命、張り切って行きましょう!
  • 村田諒太の世界タイトルマッチ日記 Vol.12

    村田諒太の世界タイトルマッチ日記 Vol.12

    パトリック・デイ(米国)、スティーブン・マルティネス(プエルトリコ)、アドリアン・ルナ(メキシコ)3選手との10ラウンド・スパーリングを前日に終え、WBA世界ミドル級王座決定戦まで順調に調整に励む村田諒太です。「それが身体が思っていたより全然軽いんです、疲れが出るかなとも思っていたんですけどね。スパーリングを終えて初動負荷トレーニングに行って、筋肉をほぐす、冷ますといったことも確かにやりましたけど、これだけ(疲れが)出ないのもちょっと逆に怖い感じがしますね、あとでドーっと来ないか(笑)。」

    「家に帰ってからも気持ちが高ぶっていたんで、なかなか眠れないだろうなと思っていたんです。最近、夜は子供の面倒をおろそかにしがちではあったんですが、寝かしつけることで神経を休めてリラックスして眠ることが出来ました(笑)。でも少し眠り自体は浅かったかな、とも思いますね。」



    「お世話になっている方からもの凄く良い肉を送って頂いてたんですけど、昨日でちょうどその肉も食べ終わったんです。家で普通に焼いているだけなのにメチャメチャ美味しくて、レストランとかでしっかり焼けばもっと美味いんだろうなとも思うんですが、ヤバいくらい美味いんですよ。昨日で食べ終わりましたが本当に美味かったです。」

    「肉が続いたので、今晩は魚料理でも食べようかなと思っているんです、バランスも考えて。減量も良い感じで落ちてきていますし、身体も普通に動いてますからね。これから少しづつ落としていく予定です。」



    「昨日の10ラウンド・スパーリングも撮った映像を家で見直したんです、すべてではないですけどね。右は思っていたように良い感じでしたね、左フックもまずまずだったと思います。ただ攻めに行くときにちょっと雑になる場面があったかなと思ったので、次からは攻める時でも冷静に行かなきゃとも思うんですが、そこが自分の良さでもあるかなと思うんです。」

    「疲れてくると少し動きが単調になるところは感じたので、受けに回るよりも自分が攻めて行くことを心掛けて、次からのスパーリングに生かしていきたいですね。今週、明日か明後日にもスパーリングを予定していますが、でも出てこないとおかしいはずの疲れが出ないか、様子を見ながらやって行こうと思います。その意味でも身体が動かず出来の良くないスパーリングになるかもしれませんが、その点は自分自身にあまり期待しないでやって行きますよ(笑)。」
    PHOTOリポートを見る
  • 石本康隆の小田原日記 Vol.4

    石本康隆の小田原日記 Vol.4

    24日からスタートした神奈川県小田原市でのトレーニング・キャンプも4日目に突入、27日からは日本フェザー級10位の佐々木洵樹も加入し、石本康隆、玉山将也も新しい刺激を受けて汗を流しています。石本は「キャンプ4日目が終了しました。今日から佐々木洵樹も参加して3人になり競争もより激しくなり、朝、夕のトレーニングももうクタクタです。昨日話したように今日こそは後輩の背中を見ることになりそうだったのですが!?

    短距離は全く歯が立ちませんけど中距離は35歳、デビュー15年目。ベテランにもたっぷり見せ場があり、わたし今日は自分を褒めたいです(笑)。残すところあとわずかとなった小田原キャンプ。最初に言ったようにダッシュ1本1本全力で悔いのないトレーニングをします!」とかろうじてベテランの意地を見せたと短信を送っています。


    初参加となった佐々木も「お疲れ様です!帝拳ホームページをご覧の皆様こんにちわ!今日から小田原合宿に参加させていただいている佐々木洵樹です!参加する前に自分もホームページを見て石本さんが抜かれないように、というコメントを見ましたが先輩の背中を見ながら懸命に走りました!残り短い期間ですが集中して追い込んでいきたいと思います!」としています。


    先輩2人を追い抜こうと頑張る玉山も「4日目終わりました!今日は1日目に行ったところで追い込んできました!身体はバッキバキでしたが1本目ベストのタイムも出しました!2本目からはいつも通りでしたけど(笑)。ジムでも最後までルームランナーで追い込みました。最高の気分です!」と充実の4日目を振り返っています。
  • 村田諒太の世界タイトルマッチ日記 Vol.11

    村田諒太の世界タイトルマッチ日記 Vol.11

    「10ラウンドのスパーリングを最後までしっかり出来たというのは大きいですね、良かったです。ホッとした気持ち?はい、少しですがありますよ(笑)。先日の長谷川穂積さんとの対談のなかで、長谷川さんも試合が決まって最初は不安で不安でしょうがない、だけど厳しいトレーニングを毎日積み重ねていくことで自分のなかで不安が少しずつ消えていき、試合の時にはその不安が晴れるんだっていう話を教えてもらったんですが、その意味が改めて分かったといった今の気持ちです。」と5月20日のWBA世界ミドル級王座決定戦へ向けて、積み重ねるトレーニングのなかの大きなハードルと言って良い10ラウンドのスパーリングを終えた村田諒太です。

    パトリック・デイ選手と4ラウンド、スティーブン・マルティネスとアドリアン・ルナ両選手と3ラウンドずつといったスパーリングを終えて「内容というか出来にもある程度満足しています。今日は右が良いタイミングで出せたという手応えを持っていますが、あの右が当たればたとえポイントで負けている終盤でも逆転出来ると感じられる手応えだったし、そうしたピンチをチャンスに変えることが出来るんだという気持ちを持てたことは大きいです。そのチャンスすら無ければ淡々とリードを広げられて終了のゴングっていう展開もあり得りますからね、この右が当たればということを感じられたことが良かったです。」



    「今日も大勢の報道陣の方々に来て頂きましたが、メディアの方が来られている日というのはあんまり出来の良くない日が多いんです。でも今日は良かったですかね(笑)。最後まで手も出して終われたし、少し自信になりました。改めて確認出来たこととして、相手のパンチに合わせるスタイルではなく、自分から打ち込むスタイルという方が自分に合っているということ、ジャブに依存し過ぎて体重移動をしづらくさせるのも良くない、といったところです。」

    「ジャブを当てに行き過ぎると右に繋がりづらいし、ジャブでノックアウトは出来ないですからね。ジャブをこれまでよりも軽めに入れて右をいつでも打てるイメージというんでしょうか、強いパンチを常に打てる体勢をイメージしながら出来ましたね。」



    「今後は8ラウンドか6ラウンドのスパーリングで調整していくと思います、無茶やって怪我してもしょうがないですからね。ただ今日までこうして追い込んできて心拍数でもかなり上げてきましたが、スパーリングのラウンドを短くしても、心拍数を追い込む練習はどんどん取り入れてやって行きたいと思います。」

    「先々週などかなり疲労がありましたが、今日の疲れなども週末辺りに出てくるのかもしれません。減量もこれから本格的になっていきますが、ここまで順調に落ちているし、以前はアメリカでトレーニングしながら試合直前に帰国して最後に体重を合わせてといった調整も経験してますから、減量については全く心配はしていませんよ。」
    PHOTOリポートを見る
  • 石本康隆の小田原日記 Vol.3

    石本康隆の小田原日記 Vol.3

    「3日目の今日は湯河原カントリークラブでロードワークをして来ました。ここは大先輩の大場政夫さん、浜田剛史代表も走ったゴルフ場とのことです。前回キャンプに来た時は1周か1周半だったのですが、今回はしっかり2周出来ました。あっ!?途中道を間違えて同じホールを多く走っているので正確には2周ちょいですかね(笑)。トレーニング・キャンプに行く前に浜田代表から " 16番ホールの坂で競争して来い!" と言われたので忘れずしっかりやってきました。3日目が終わり二人とも既に身体はバキバキですが、明日からの後半戦もしっかり追い込んでいきたいと思います。27日からは佐々木洵樹も参加の予定ですが、足が速いとの噂なので明日こそは後輩の背中を見そうですが、抜かれないように粘ります(笑)!!!」神奈川県小田原市でのトレーニング・キャンプ3日目を終えた石本康隆が今日もかろうじて先輩の意地を見せたようですが、4日目はどうなるでしょうか?


    「おつかれさまです!今日は4時半起床でゴルフ場に行ってきました!帝拳では大場さん、浜田代表もここを走ったことがあると聞き、気合いが入ります。途中同じホールを回って遠回りしましたがしっかり追い込めたと思います(笑)!今日でちょうど半分です、明日から洵樹さんも参加とのことで楽しみです!がんばります!」明日辺り、追い抜いたというニュースに期待したい玉山将也も元気に鍛えているようで何よりです。
  • 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10