FIGHTER PROFILE

  • 選手プロフィール
  • PHOTOリポート
  • 求む、練習生
  • HOME
  • 帝拳選手 最新情報

PHOTOリポート FIGHTER PROFILE

  • 村田諒太の沖縄日記 Vol.5

    村田諒太の沖縄日記 Vol.5

    第2次トレーニング・キャンプのため沖縄入りして5日目となった日曜日は、夜にWBC世界フライ級タイトルマッチのゲスト解説を務めた村田諒太です。


    この日も例年に比べるとやや涼しく最高気温13度となった沖縄での1日を振り返り、「皆さん、お疲れ様です。本日はこれまでのキャンプならば休日にあたる中日でしたが朝は軽くロードワーク、夜は比嘉選手の解説となりました。予定されていたこととは言え、1ラウンドで終わった故に喋りのシーンが多く、疲れました(笑)。ボクシングに勢いは大切だな、勢いつくくらい練習せねば、と思わされました!」と比嘉選手の勝利を間近で見た感想を残した村田です。
  • 末吉大が日本スーパーフェザー級王座初防衛戦をTKO勝利!

    末吉大が日本スーパーフェザー級王座初防衛戦をTKO勝利!

    3日、後楽園ホールにて行われた、帝拳ジム主催『第570回ダイナミックグローブ』にて日本スーパーフェザー級チャンピオンの末吉大(帝拳)が日本同級1位の大里拳(大鵬)に8ラウンド2分25秒TKO勝利、同王座初防衛に成功しています。3ラウンドにダウンを喫したものの他のラウンドはしっかりとポイントを獲り、7ラウンドまでの採点も3対0(68-64×2【マーチン、飯田】67-65【中村】)と優勢のなかで勝利をおさめたWBO同級9位でもある末吉は17勝11KO1敗、敗れた大里選手は13勝4KO2敗1分です。

    試合を振り返り末吉のコメントです。「最後の右ストレートは手応えがありました、(中盤以降、より効果的だった)ジャブを序盤から出せるように、そこは課題ですね。(試合に)最初はうまくペースに乗ることが出来ませんでした、ただ相手のパンチを貰わないで自分のパンチをちょこちょこ当てていたんで、ペースやポイントだけは持って行かれないようにって頭の中で考えていて、で、良い流れになってきたらもう少し攻めて最後にまとめられたらって頭の中に描いてはいたんですけど。」

    「(3ラウンドのダウンは)自分の不注意だと思います、気を抜いたわけじゃないけど、ちょっとパンチが見えてきて(外すために)半歩距離を間違えたり、そういうところだと思います。試合の点数ですか?難しいですけど50点くらいですかね、最後のラウンドは良かったんで、そこは良かったと思っています。」

    「(今後の目標は?)まだ圧倒的な存在になっていないんで、そこを目指してやって行って、会長やマネジャーが認めてくれて次のステップに進めることを認めてくれるような強さを身につけたいですね。周りの人にも強いと認めてもらえるような存在になりたいです。」

    「(返しの左フックが出ていればもっと早い試合になったのでは?)自分は元々左フックを打つタイプではないんですけど、左ボディとかはもうちょっと練習で打っているんで、そういう上下の散らしとか細かい部分は課題ですね、強くなるための課題です。」



    セミファイナルのウェルター級8回戦では日本同級6位の永野祐樹(帝拳)がタイ・スーパーライト級5位のナジレック・ソー・ブーンリャングに2ラウンド3分KO勝利です。永野は13勝10KO2敗、ナジレック選手は12勝2KO8敗1分、来日戦績を2戦2敗としています。11連勝8KOとした永野は、「最初が固かったのが反省点です。でも練習していた山中慎介さん直伝の新技、ゴッドライト(God's Right)が試合で使えたのは収穫でした。色々、課題はあるので、また練習頑張ります。」としています。


    アンダーカード、第5試合となった55.0Kg契約8回戦では神谷治昭(帝拳)がタイ・フェザー級8位のアルスーンノイ・ジョー・サンラットに2ラウンド2分2秒TKO勝利。神谷は8戦全勝4KO、アルスーンノイ選手は8勝2KO5敗、来日戦績を2戦2敗としています。「応援、サポート本当にありがとうございました。今日は階級差があったので、8ラウンド判定でも良いと思ってリングに上がりましたがムキにいってもらったりせず、しっかり左を使って自分の距離を保って綺麗なボクシングをしようと考えてました。立ちあがりから左ジャブはキレて、距離も把握できて余裕はありました。1回目のダウンはボディーのカウンターを合わせたら、効いたのでたたみかけましたがボディーでダウンを取れたのは満足してます!!フィニッシュの時も相手を見ながら打ち込みにいけたので良かったです。これからも、素晴らしい環境で必死に努力して必ず自分も高みにいきます!!本当にありがとうございました。」と喜びのコメントを残した神谷です。


    第4試合、スーパーフェザー級6回戦は波田大和(帝拳)が坂田尚樹(ワタナベ)に3ラウンド2分57秒TKO勝利です。波田は5勝全KO1敗、坂田選手は4勝3KO2敗1分としています。「今回、無事勝てて良かったです。カルロス・トレーナーと練習した事が出せた試合だと思います。セコンドの指示もしっかり聞こえてたので、早く試合を組んでもらえるようにまだまだがんばります!」とコメントを残した波田です。


    第3試合となった65.0Kg契約6回戦では中村駿介(帝拳)が高橋克俊(reason)と対戦、5ラウンド1分51秒TKOで勝利です。中村は6勝5KO2敗1分、高橋選手は6勝2KO6敗2分です。復帰戦TKO勝利とした中村は「今日の試合は自分をコントロールすることを課題としていましたが、自分のペースを掴めずに苦しい展開が続きましたがなんとか気持ちで勝てたと思います。次に向けてまたしっかりとトレーニングします。」と安堵感をのぞかせています。


    第2試合、スーパーライト級4回戦は遠藤健太(帝拳)のデビュー戦。ピッハクシン・ターンバンハーン(タイ)に3ラウンド2分35秒TKO勝利です。遠藤は1勝1KO、ピッハクシン選手は8勝2KO5敗とし来日初戦を黒星としています。デビュー戦KO勝利とした遠藤のコメントです。「初めてまして!!遠藤健太です!!みなさんの応援のおかげで勝つことができました!!ありがとございました!!コメント普通ですみません(笑)」


    アンダーカード、第1試合のライトフライ級4回戦は大島滉平(三迫)が脇山貴継(ワタナベ)に4回判定負けです(2対0/39-38×2、38-38)。脇山選手は2勝3敗、大島選手は1勝6敗1分としています。
    PHOTOリポートを見る
  • 村田諒太の沖縄日記 Vol.4

    村田諒太の沖縄日記 Vol.4

    沖縄でのトレーニング・キャンプ4日目も無事に終了、風にはやや肌寒さを感じる気温のなかメニューはしっかりと消化、密度の濃い練習でみっちりと下半身を強化している村田諒太から今日も短信が届いています。


    「本日も無事に終了いたしました!今日は新メニュー、階段ダッシュ、200段超の階段を一気に駆け上がること10本、足はプルプル子鹿のようになっております。ともあれ、頑張れ末吉、頑張れ僕!」
    PHOTOリポートを見る
  • 村田諒太の沖縄日記 Vol.3

    村田諒太の沖縄日記 Vol.3

    「帝拳ジムホームページをご覧の皆様、こんばんは。本日もハードな1日が終了しました。朝はクロスカントリーコースで、昨日、一昨日と練習した短距離系の走り方を試したところ、長距離走との走り方の違いを感じたり、午後の高強度インターバルでは、切り返しの不得意さだったり、高強度系のトレーニングに対する適応が少し低くなっているなと、今後のトレーニングに向けて色々と参考になる1日でした!引き続き頑張ります!」


    沖縄での第2次トレーニング・キャンプ3日目を終えた村田諒太から短信が届いています、短期間で徹底的に下半身を強化するキャンプ・メニューも順調に消化していると頑張る村田です。
    PHOTOリポートを見る
  • 村田諒太の沖縄日記 Vol.2

    村田諒太の沖縄日記 Vol.2

    沖縄での第2次トレーニング・キャンプ2日目が無事に終了、ややぐずついた天候ながらメニューは予定通りに消化出来たと充実のコメントを送っています。



    「帝拳ホームページをご覧の皆様、こんばんは。本日は生憎の天気でしたが、朝からロードコースを11キロ、午後は強風の中、1キロインターバル、インターバルのタイムはベスト更新と、前回の貯金を改めて感じています!2週間ぶりということもあり、刺激にも慣れつつあるので、新しい刺激も入れながら追い込もうと思います!改めて有り難い環境をいただいていることに会長、マネージャーに感謝いたします。」と手応えを感じながら充実のトレーニングをこなしているとしています。
    PHOTOリポートを見る
  • 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6