FIGHTER PROFILE

  • 選手プロフィール
  • PHOTOリポート
  • 求む、練習生
  • HOME
  • 帝拳選手 最新情報

PHOTOリポート FIGHTER PROFILE

  • 五十嵐俊幸「修正しながら最後は左を当てて倒すところなど慎介さんはさすがです」

    五十嵐俊幸「修正しながら最後は左を当てて倒すところなど慎介さんはさすがです」

    IBF&WBO世界フライ10位のミゲール・カルタヘナ戦まで1ヶ月を切った五十嵐俊幸がコンディションはとても良いと話していますが、「数日前に結膜炎を患ってしまいました。」とのこと。「火曜日に目が赤かったんです、かゆみみたいなものは無かったんですが、尋常じゃない赤さになって。病院に行ったら " 結膜炎ですね。" と(笑)。もちろん移るんでジムには来られなかったんですけど、出してもらった目薬ですぐ治りました。翌日には赤みも減って木曜日にはほぼ元通りになりました。今日はもう普通ですね。」

    「ジムワークを3日間休んだことになりますけど怪我して休んだ訳じゃないし、ロードワークを朝と夜でがっつり走ってたんで今日、こうしてジムワークをやっても普通でしたね。距離ですか?朝は10Km走って、夕方は5~6Kmほどペースやスピードなど考えて走りましたがとても良い感じです。」

    「元々、慢性的な鼻炎は持ってるんで、花粉症だからとかは気にならないです。1年中ひどいんで(笑)。目がかゆくなるとかは症状として無かったんで、目やには出るわ、うさぎみたく赤くなるわで初日はちょっと困りましたが、もう大丈夫です。ジムワークを休んだと言っても数日ですし、これでコンディションが崩れることは無いです。ここまで順調に来ているし、こんな日が有っても良いだろうくらいの気持ちでこれからもやって行きますよ。」



    「カルタヘナ選手については2試合しか見ていないので何とも分かりません、前回も言いましたがファイターなのかボクサーなのか。パワーは実際に戦ってみないことには分からないし、自分はパワーのある方だと思ってないんで、自分の方がパワー有りますとは言いづらいですけどね。」

    「似たようなスタイルだとも思うので、4月1日はどっちが自分のリズムを先に掴むかがポイントになってくると思いますね。ゴング鳴って色々と試しながら探って行こうと思っています。特別、相手の対策というものは具体的に有りません、ただボディ打ちは徹底して行こうと思っています。」

    「それと、これまでは足を止めないことを心掛ける意味で1発打って離れる、1発打って動くことを考えてきましたがコンビネーションですね、目標としては4~5発打って動くというイメージです。パンチをまとめられるようにミット打ちでもサンドバッグでも練習しています。スパーリングも週3回か、予定が合わなければ週2回ですね、順調にこなしています。」



    「現役世界ランカーとの対戦は久しぶりになりますが不安は有りません、むしろこういった相手の方がやりがいが有りますね。今まで気を抜いていた訳じゃないですけど集中力も変わるし、強い相手ということで当然気合も入っています。逆に周りから勝って当然と言われるような相手の方がやり辛さという意味ではあるかもしれません、どっちもプレッシャーはありますが、格下と言われるような相手だと玉砕覚悟で向かってくる場合もありますからね。」

    「シューズもトランクスも新調します、自分はミズノ社のシューズが一番しっくり来るんですよ、慣れですね。17年ほどボクシングをやってますが他社のシューズを履いたのはほんの数回しか無いです。今回もミズノ社のシューズをオーダーさせてもらいましたが、現行のスタイルより少し昔のデザインの方が気に入ってるんで、ちょっと無理言って細かいお願いもさせてもらいました。デザイン自体はほとんど同じっちゃ同じなんですけど(笑)。」



    「昨日の慎介さんの試合ですか?序盤はリズムが合わないのかな、やり辛さが有るのかな、と思いましたけど3ラウンド辺りからペースを掴んだように感じましたね。安心した部分が有ったので子供と遊びながらテレビを観ていましたが、いきなり " ダウーン!" と聞こえたので、やっぱりなと思いました。どんな相手だろうとリズムを掴めないうちは難しいですよね、ちょっとヒヤリとしたところはありましたが修正しながら最後は左を当てて倒して勝つところなんかさすがだなと感じました。盤石の勝利と言って良いと思います。」
    PHOTOリポートを見る
  • ホルヘ・リナレス「調子は凄く良いよ、スパーリングも良い感じだね!」

    ホルヘ・リナレス「調子は凄く良いよ、スパーリングも良い感じだね!」

    「チーム・リナレス&チーム・テイケンTシャツ、造ったよ。カッコ良いでしょ?調子は凄く良いよ!今日はスパーリング、6ラウンドやったけど少しずつだね。4日はマス・スパーを12ラウンドゆっくりやって、あとは6ラウンド(のスパーリングで調整)だね。拳も全然大丈夫だし、ホント良い調子だよ!」と3月25日に迫った、前WBA王者のアンソニー・クロラ戦までトレーニングに励むホルヘ・リナレスです。良いコンディションを継続出来ていると話すホルヘの大一番が約3週間後、英国のマンチェスターでゴングです!


    PHOTOリポートを見る
  • 山中慎介「毎試合内容の良い試合を求められるプレッシャーは心地良いですね」

    山中慎介「毎試合内容の良い試合を求められるプレッシャーは心地良いですね」

    2日に東京・両国国技館にて行われた、『ワールド・プレミアム・ボクシング Vol.25』ではWBC世界バンタム級タイトルマッチはチャンピオンの山中慎介が同級6位、カルロス・カールソン(メキシコ)に7ラウンド57秒TKO勝利をおさめています。山中はTKOで12度目の防衛に成功し27勝19KO2分とし、初の世界挑戦となったカールソン選手は22勝13KO2敗としています。

    試合後のインタビューでは、「クリンチ際は反省ですね、もう少し揉みあいになったケースでパンチを貰わないようにしないといけないです。序盤、ちょっと流れの良くない場面も有りましたが、セコンドからジャブを使えと言われて使うようになってから良い感じになっていくのは分かりましたけど、つい狙ってしまって良くなかったですね。防衛記録のことに関してはプレッシャーは有りませんが、毎試合良い試合をしないといけないということにプレッシャーは感じていますね。」と述べています。


    セミファイナルの日本スーパーフェザー級タイトルマッチではチャンピオンの尾川堅一が同級1位の杉田聖(奈良)を10回判定、返り討ちを果たしています(2対0/97-93、96-94、95-95)。尾川は21勝16KO1敗とし同王座4度目の防衛を果たしています。杉田選手は12勝7KO4敗1分です。「倒しきれず、悔しいです。が、前だけを見て行きます。もっと強くなれるという事を信じて頑張ります。たくさんの応援ありがとうございました。次は、ご期待下さい。」と2試合続いた判定勝利に悔しさを見せた尾川です。


    アンダーカード、第3試合の114ポンド契約8回戦では元2階級制覇王者のブライアン・ビロリア(米国)が日本初登場、メキシコ・スーパーフライ級チャンピオンのルーベン・モントーヤ(メキシコ)を8回判定に下しています(3対0/78-74、78-75、77-75)。ビロリアは37勝22KO5敗1無判定1ノーコンテストとし、R.ゴンサレス戦からの復帰を飾っています。善戦のモントーヤ選手は14勝9KO5敗1分としています。


    第2試合の124ポンド契約8回戦ではIBF世界スーパーバンタム級3位の岩佐亮佑(セレス)がフィリピン・フェザー級6位、グレン・メドゥラを3ラウンド2分55秒TKOに下しています。岩佐選手は23勝15KO2敗、来日初戦だったメドゥラ選手は8勝5KO2敗1分としています。
  • 村田諒太の沖縄日記 Vol.6

    村田諒太の沖縄日記 Vol.6

    24日の早朝も曇り空のなか、トレーニング・メニューを予定通りにこなした村田諒太は19日からスタートさせた沖縄でのトレーニング・キャンプを予定通り終了させ、24日夕に元気な姿で帰京しています。「帝拳ジムホームページをご覧の皆様こんにちは!今日は朝から12キロをしっかり走って合宿のメニューを終了いたしました!明らかに走り易い身体に仕上がっています。ちゃんとした根拠のもと追い込むとこうなるのかと、自信になりました。帰京してからもこういった形でしっかり練習に目的を持って頑張ります!」と6日間に及ぶキャンプを振り返り、成果に手応えを感じたと述べています。今後のジムワークに生かし、13戦目に向けて一層気合も入る村田に期待です!
    PHOTOリポートを見る
  • 村田諒太の沖縄日記 Vol.5

    村田諒太の沖縄日記 Vol.5

    2月19日からスタートした村田諒太の沖縄トレーニング・キャンプも5日目が終了、小雨交じりの天候ながらトレーニング・メニューは予定通りにこなせたとコメントが届いています。


    「帝拳ジムホームページをご覧の皆様、こんばんは!本日は朝から雨でしたが、小雨でしたので走りました。午後はインターバルトレーニング、1キロ走6本を3分20秒ほどの平均タイムで走り切るというアスリートっぷりを発揮出来ました!その後のタバタ・トレーニングでやったバーピーではヘタレ丸出しでしたが、しっかり追い込めました!そして陸上競技場にサインも残してきたので、これからここを使う皆様、僕がいなくても寂しくないと思います!あと少し頑張ります!」とのことです。ゴールも見えてきましたが、最後まで気を抜かずメニューをきっちりと消化出来るよう頑張りましょう!
    PHOTOリポートを見る
  • 村田諒太の沖縄日記 Vol.4

    村田諒太の沖縄日記 Vol.4

    「帝拳ジムホームページをご覧の皆様、こんばんは!本日も1日が終わりました。ゲーリーグッドリッジの影響で、今朝は身体に力が入りませんでしたが、科学の力で午後、力を取り戻し、インターバル・トレーニングをこなしました。途中で風の影響だとか言って、本来折り返す地点に置いてあるマーカーを遠くに置かれた瞬間は、サディスティックさに驚愕を隠せませんでしたが、充実しております!」と沖縄でのトレーニング・キャンプ4日目を終えた村田諒太から短信が届いています。様々なトレーニング・メニューをこなしながら追い込み、心肺機能と下半身を集中して鍛えこみ次戦に繋げてくれることでしょう。
    PHOTOリポートを見る
  • ホルヘ・リナレス「タイトルマッチまであと5週間!スパーリングも良い感じ!」

    ホルヘ・リナレス「タイトルマッチまであと5週間!スパーリングも良い感じ!」

    「タイトルマッチまであと5週間くらいね、凄く良い感じだよ。この前、1週間で26ラウンドのスパーやったでしょ、先週も良いスパーリングが出来たし、またロサンゼルスから新しいスパーリング・パートナーも来てくれてとても良い感じ。プレッシャーあって速くてね、凄く良いパートナーだよ。ウェイトも良い感じです。たぶんマンチェスターに行くのは試合の1週間前くらいになると思うけど、今も凄く元気だし、あと5週間ね!」とホルヘです。


    ラスベガスにて、前WBA世界ライト級王者のアンソニー・クロラ戦へ向けて順調に実戦練習を積み上げていると話しています。少しずつ減量も本格的になると話していますが、好調をキープして敵地で前王者を返り討ちにすべくハードなトレーニングを続けています!
    PHOTOリポートを見る
  • 村田諒太の沖縄日記 Vol.3

    村田諒太の沖縄日記 Vol.3

    沖縄にて次戦に向けてトレーニング・キャンプを行っている村田諒太から3日目の沖縄日記が届いています。「帝拳ジムホームページをご覧の皆様、こんばんは!今日は朝からクロスカントリーを12キロ、午後は1,000メートルのインターバル走を6本など追い込んでいました。余談ですが、昨日食べた焼肉が身体に合わなかったのか、腹の調子が少しヤバい状態でした。身体の中になにも感じず、足に力が入らなかったので、午後は少し軽くいこうかと考えましたが、鬼コーチには通用しませんでした。最後までしっかり頑張ります!」と話しています。しっかりと食べてハードなトレーニングに備えるのは大事ですが、4日目以降も気を付けて行きましょう!
    PHOTOリポートを見る
  • 垣永嘉信「初8回戦で日本ランカーとの試合を組んでもらい、とても嬉しいです」

    垣永嘉信「初8回戦で日本ランカーとの試合を組んでもらい、とても嬉しいです」

    8戦6勝2KO2敗の垣永嘉信にとってプロ初となる8回戦が4月1日(土)第560回ダイナミックグローブにて決定しましたが、「8ラウンドのスパーリングも先日、五十嵐さんとやらせてもらっているし、これまでも8ラウンドのスパーリングはこなしているのでスタミナ面での不安はありません。」と自信を述べています。

    「昨年9月から7ヶ月ほど開きましたが、ずっと練習は続けていたしいつでも試合出来るような気持ちで居たので大丈夫です。試合はずっとやりたかったので今は嬉しい気持ちですね。」



    「ここ最近は自分から仕掛けることスタイルを第一に練習してきました、4回戦の頃は少し相手を見過ぎるというか相手の動きを見てから自分が動くというようなところがあったので、そういうところをスパーリングなどで特に重点を置いてきました。4回戦のころはガンガン前に出てこられると焦ってドタバタしてしまうところもありましたが、6回戦も戦ってきてだいぶ直ってきているとは思います。精神的にも8試合を戦ってきてだいぶ余裕が持てたと思っています。」



    「相手のことは映像で見たことがあります、全日本新人王を決めた試合です。印象としては左ストレートの強いサウスポーだなと思いました。KO率の割に構えはボクサー型というかアップライトに近い感じですけど、右のリードも上手くて良い選手だなと感じましたね。」

    「相手が日本ランカーということは全く考えないように、というのは無理ですけど考え過ぎないようにします。考え過ぎても良くないプレッシャーになってしまうんで(笑)。勝てば日本ランキングに入れるかもしれないし、初めての8回戦で初めてランカーとの試合を組んでもらった会長とマネジャーにはとても感謝しています。」

    「でも気持ち的にはこれまでの試合と同じように取り組むつもりです、サウスポーというところもあまり気にしていません。これまで8試合のうち4試合がサウスポーですが、自分の中で苦手意識みたいなものは無いし、実際にリングに上がる時も考え過ぎないようにしています。」

    「もちろんサウスポー対策というか基本的な動きはストレートの正面に立たないようにということは注意していますが、相手が右だろうと左だろうとジャブから試合を組み立てて行くということを忘れないようにしています。強いて言えばストレートを貰わないよう立ち位置には気を付けています。足もジャブも忘れずに、動きの止まることの無いようにというのは左右どちらでも同じです。」

    「これからも8ラウンドのスパーリングはやっていきますし、スタミナ面も鍛えて行きます。初めての8回戦に向けて練習しています、勝つために一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします!" 帝拳選手・最新情報 " は昔からあまり良いことは言えてないと思いますが、これからよろしくお願いします!」
    PHOTOリポートを見る
  • 三浦隆司「練習再開です、また良いKO勝ちを魅せられるように頑張ります!」

    三浦隆司「練習再開です、また良いKO勝ちを魅せられるように頑張ります!」

    1月28日にWBC世界スーパーフェザー級1位、ミゲル・ローマン(メキシコ)を12回KOに下した三浦隆司が約3週間の休暇を終えジムワークを再開しました。「(休暇中は)地元の秋田に帰省したり色々とゆっくり出来ました。まだまだ練習量もこれから少しずつ上げて行くって段階ですが、約3週間振りでまた気分も新たに頑張って行きます。」



    「秋田では毎日温泉に行ってホントにのんびりしてきました。そして毎試合千羽鶴を生徒のみんなで折ってくれている母校の三種町立浜口小学校にも御礼と挨拶に行ってきました。試合前にはいつも千羽鶴を送ってくれているんです、ローマン戦でも地元から応援に来てくれた方が入場口のところで掲げてくれていたのは見ていたし、毎試合力を貰えるんです。」

    「秋田からアメリカに応援に来てくれた方々への挨拶も済ませてきましたし、三種町の三浦正隆町長にも挨拶に行ってきました、血縁関係は無いんですが同じ三浦性で少し驚きました。あとはスキー場に行って子供たちをそりに乗せたりして遊んできました、車で30分くらいでスキー場に着くんですが雪もしっかり積もっていたし楽しかったです。子供たちがそりで遊んでいる間に、自分は雪の上り坂も走ったりしてました、遊んでばっかじゃないんです、ちょっとトレーニングっぽいこともしてきました(笑)。」

    「ロードワーク自体は先週から始めたんですけど2週間ほどは本当にゆっくり身体を休めることが出来たんで、ジムワークと一緒でこれから少しずつペースを上げて行く感じですかね。休みの間には最近、娘がアンパンマンにハマっているので家族でアンパンマンミュージアムにも行ってきたんです、クリスマスも正月も試合前で、子供達も他の家のように楽しめなかったと思うんでせめて試合が終ったら色々なところに連れて行ってあげたいなとは思っていたんです。嫁の誕生日もあってみんなで食事したりと、結構色々とあった3週間ではありましたね。」



    「試合の映像も結構見ましたね、特にあの左ボディは数えきれないくらい繰り返して見てました。あそこだけは自画自賛しても良いかな、と(笑)。でもあのボディブローだけは良かったですけどあのパンチ以外は反省ばかりでしたね。倒し方も良かったと言えば良かったですけど。」

    「一番の反省点はガードの低さですね、確かに序盤からコツコツとコンビネーションで相手が攻めてきたし、ホントにやりづらかったです。ポイントも取られていたのは分かっていましたが、ガードは高いし背は低いしでどこにパンチを打ち込んで攻勢の起点にしようかと思いながら中盤まで進んでしまったといった感じでした。最後までコツコツ打ってきましたがドカンというパンチは感じなかったので、この程度なら少々食っても平気と判断してしまったのもガードが下がった理由でもあります。」

    「ガードの甘さは毎試合指摘されているところでもあるんですが億劫がらずに行かないとダメですね。良かった点ですか?左ボディ以外でとなると7ラウンドからの追い込み、気持ちをグッと持って行けたところですかね。でも序盤の反省の方が自分の中では大きいです、序盤だろうとパンチとプレッシャーをしっかり組み合わせながら山場を作っていけるようにならないといけないですね。」



    「試合が終ってしばらく経ちましたが大きな怪我はありません、強いて言えば前歯が欠けたってことくらいですか。でもこれ、試合とは関係無いんです(笑)。数年前に歯医者で治療してもらっていた詰め物というか、被せ物が取れたんですけど、つい先日、飯を食べてたらガリっと。何か硬いな、と思ったら取れてました(笑)。激闘の勲章みたく思われがちですけど全く関係無いですね(笑)。ひょっとしたら試合で弱くなったっていうのはあるかもしんないですけど。まぁ、痛みは無いし面倒臭いので後回しにしてますけど、暇を見つけて歯医者に行ってこようと思ってます(笑)。」

    「今日からまた頑張ります、また良い試合が出来るように、良いKO勝利が出来るように頑張って行きます、応援よろしくお願いします。」
    PHOTOリポートを見る
  • 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10