• HOME
  • 国内ボクシング情報

国内ボクシング情報

  • 速報!佐川遼 対 小坂烈#2!

    速報!佐川遼 対 小坂烈#2!

    2021.10.14
    14日、後楽園ホールにてDANGAN AOKIジム主催イベントが行われ、メインイベントは58.0Kg契約8回戦で前日本フェザー級王者で現在は同級5位の佐川遼(三迫/58.0Kg)が小坂烈(SUNーRISE/57.9Kg)に8ラウンド1分23秒TKO勝利です。17年5月の初戦は2回TKO負けを喫している佐川選手は11勝6KO2敗とし雪辱を果たしています。敗れた小坂選手は9勝4KO7敗です。



    セミファイナルでは日本スーパーフェザー級挑戦者決定戦が行われ、同級1位の中川兼玄(三迫/129.75ポンド)が同級2位の長谷川慎之介(ワールドスポーツ/130ポンド)に8回判定勝利、中川選手が挑戦権を手にしています(2対1/77-74、76-75:中川、76-75:長谷川)。中川選手は11勝5KO6敗、長谷川選手は13勝9KO3敗1分としています。
  • 速報!石澤開 対 春口直也!

    速報!石澤開 対 春口直也!

    2021.10.08
    8日、後楽園ホールにて日本ミニマム級挑戦者決定戦が行われ、同級1位の石澤開(M.T/105ポンド)が同級2位の春口直也(橋口/104.75ポンド)に4ラウンド1分21秒TKO勝利です。WBO8位、IBF15位でもある石澤選手は9勝8KO1敗としチャンピオン、谷口将隆(ワタナベ)選手への指名挑戦権を獲得しています。敗れた春口選手は17勝6KO12敗としています。



    セミファイナルの56.6Kg契約8回戦は神足茂利(M.T/56.6Kg)が池側純(角海老宝石/56.4Kg)と6ラウンド3秒負傷判定引分としています(1対0/58-56:池側、57-57×2)。アマチュア73戦50勝23敗の神足選手は2勝1KO1敗1分、アマチュア66戦51勝15敗の池側選手は2勝1分としています。
  • 速報!寺地拳四朗 対 矢吹正道!

    速報!寺地拳四朗 対 矢吹正道!

    2021.09.22
    22日、京都市体育館にてWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが行われ、チャンピオンの寺地拳四朗(BMB/ポンド)が同級1位の矢吹正道(緑/ポンド)に10ラウンド2分59秒TKO負け、王座交代です。4ラウンド終了時を2対0(40-36×2【古田、野田】、38-38【宮崎】)とリードした挑戦者は8ラウンド終了時に3対0(79-73【古田】、78-74【野田】、77-75【宮崎】)とリードを広げ、最後は連打でレフェリーストップとしています。新王者の矢吹選手は13勝12KO3敗、寺地選手は18勝10KO1敗とし同王座9度目の防衛に失敗です。なおこの試合の模様はWOWOWにて27日(月)21時から放送予定となっています。


    セミファイナルに予定されていたフライ級8回戦、日本ライトフライ級5位の井上夕雅(真正/14戦11勝2KO2敗1分)対森青葉(泉北/10戦7勝1KO2敗1分)戦は両者公式計量をクリアしたものの計量時に実施したPCR検査の結果により試合中止となっています。


    アンダーカードの第3試合、58.0Kg契約8回戦。日本フェザー級7位の大沢宏晋(オール/ポンド)が高林良幸(RK蒲田/ポンド)に5ラウンド37秒負傷判定勝利です(3対0/50-46×2、50-45)。大沢選手は37勝21KO5敗4分、高林選手は9勝4KO12敗1分としています。


    第2試合、バンタム級8回戦では日本同級10位の与那覇勇気(真正/ポンド)が川口勝太(ディアマンテ/)ポンド)に3ラウンド1分49秒TKO勝利です。与那覇選手は10勝7KO3敗1分、川口選手は21勝9KO11敗1分です。
  • 速報!井岡一翔 対 フランシスコ・ロドリゲス Jr. !

    速報!井岡一翔 対 フランシスコ・ロドリゲス Jr. !

    2021.09.01
    1日、東京・大田区総合体育館にてWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチがただいま終了、チャンピオンの井岡一翔(志成/115ポンド)が同級2位のフランシスコ・ロドリゲス Jr.(メキシコ/114ポンド)に12回判定勝利、王座防衛です(116-112×3)。井岡選手は27勝15KO2敗とし同王座3度目の防衛戦に成功です。一方、元IBF&WBOミニマム級王座に続いての2階級制覇を目指したロドリゲス Jr. でしたが34勝24KO5敗1分、対日本人戦績を3勝1KO1敗としています。



    セミファイナルのスーパーライト級8回戦は日本ライト級13位の粕谷雄一郎(角海老宝石/140ポンド)が石脇麻生(寝屋川石田/140ポンド)に5ラウンド1分37秒TKO負けを喫しています。石脇選手は9勝7KO4敗1分、粕谷選手は14勝4KO4敗2分としています。
  • 速報!吉野修一郎 対 仲里周磨!

    速報!吉野修一郎 対 仲里周磨!

    2021.08.12
    12日、後楽園ホールにて日本ライト級タイトルマッチが行われ、王者の吉野修一郎(三迫/135ポンド)が同級10位の仲里周磨(ナカザト/134.5ポンド)に6ラウンド2分20秒TKO勝利、王座防衛です。吉野選手は14戦全勝11KO、日本王座7度目の防衛に成功です。なお保持する3本のベルトのうちOPBF東洋太平洋王座とWBOアジアパシフィック王座は掛けずに臨んでいます。敗れた仲里選手は10勝7KO2敗3分としています。


    またセミファイナルに予定されていた58.0Kg契約8回戦、佐川遼(三迫)対小坂烈(SUNーRISE)戦は佐川選手の棄権により中止となっています。
  • 速報!古橋岳也 対 花森成吾!

    速報!古橋岳也 対 花森成吾!

    2021.08.02
    2日、後楽園ホールにて日本スーパーバンタム級タイトルマッチが行われ、チャンピオンの古橋岳也(川崎新田/122ポンド)が同級6位の花森成吾(JB SPORTS/122ポンド)に3ラウンド1分12秒TKO勝利、王座防衛です。古橋選手は28勝16KO8敗1分、1月に獲得した王座の初防衛に成功です。敗れた花森選手は7勝5KO4敗、キャリア初のタイトルマッチでした。



    セミファイナルのミニマム級8回戦は伊佐春輔(川崎新田/105ポンド)が高田勇仁(ライオンズ/105ポンド)に8回判定勝利です(2対1/77-75×2:伊佐、77ー75:高田)。伊佐選手は9勝1KO3敗1分、高田選手は8勝3KO8敗2分としています。
  • 速報!澤田京介 対 定常育郎!

    速報!澤田京介 対 定常育郎!

    2021.07.26
    26日、後楽園ホールにて日本バンタム級王座決定戦が行われ、同級1位の澤田京介(JB SPORTS/118ポンド)と同級2位の定常育郎(T&T/118ポンド)戦は2ラウンド23秒、偶然のバッティングにより負傷引分となっています。澤田選手は14勝6KO2敗2分、定常選手は11勝4KO4敗4分としています。



    セミファイナル、72.0Kg契約8回戦は日本スーパーウェルター級13位の斉藤幸伸丸(川崎新田/71.9Kg)が酒井幹生(角海老宝石/71.9Kg)に8回判定負けを喫しています(77ー75×3)。次回ランキング入りを濃厚とした坂井選手は4戦全勝、斉藤選手は24勝13KO11敗2分としています。
  • 速報!加納陸 対 榮拓海

    速報!加納陸 対 榮拓海

    2021.07.23
    23日、エディオンアリーナ大阪第2競技場にてWBOアジアパシフィック・ライトフライ級タイトルマッチが行われ、王者の加納陸(大成/107.75ポンド)が挑戦者の榮拓海(折尾/107.5ポンド)に9ラウンド2分12秒TKO勝利、王座防衛です。WBO5位、IBFでは11位にランクされる加納選手は13勝6KO3敗、敗れた榮選手は22勝16KO4敗1分としています。



    セミファイナルのWBOアジアパシフィック・ミドル級タイトルマッチでは王者の野中悠樹(渥美/160ポンド)が越川孝紀(一力/160ポンド)に12回判定勝利、王座防衛です(3対0/119-109×2、115-113)。野中選手は35勝10KO10敗3分、越川選手は9勝6KO3敗としています。
  • 速報!ユーリ阿久井政悟 対 桑原拓!

    速報!ユーリ阿久井政悟 対 桑原拓!

    2021.07.21
    21日、東京・後楽園ホールにて日本フライ級タイトルマッチが行われ、王者のユーリ阿久井政悟(倉敷守安/112ポンド)が同級6位の桑原拓(大橋/111.75ポンド)に10ラウンド2分49秒TKO勝利、王座防衛です。阿久井選手は16勝11KO2敗1分、同王座2度目の防衛に成功です。敗れた桑原選手は8勝4KO1敗です。



    セミファイナルのスーパーバンタム級8回戦は日本バンタム級5位の南出仁(セレス/121.5ポンド)が日本バンタム級9位の石井渡士也(REBOOT.IBA/122ポンド)に5ラウンド2分14秒TKO負けを喫しています。石井選手は4勝3KO1敗、南出選手は4勝3KO2敗としています。



    アンダーカード、第4試合の53.0Kg契約8回戦はOPBF東洋太平洋スーパーフライ級2位の橋詰将義(角海老宝石/52.9Kg)が湊義生(JM・加古川/53.0Kg)に8ラウンド46秒TKO勝利です。橋詰選手は18勝11KO2分、湊選手は9勝4KO5敗としています。



    第3試合、スーパーフライ級6回戦は日本同級13位の高山涼深(ワタナベ/115ポンド)が富岡浩介(REBOOT.IBA/114.5ポンド)に1ラウンド1分47秒KO勝利です。高山選手は4戦全勝全KO、富岡選手は4勝3KO2敗としています。
  • 速報!佐々木尽 対 湯場海樹!

    速報!佐々木尽 対 湯場海樹!

    2021.07.17
    東京、八王子市冨士森体育館にて日本ユース・スーパーライト級タイトルマッチがただいま終了、王者で日本同級2位の佐々木尽(八王子中屋/139.75ポンド)が日本ライト級18位の湯場海樹(ワタナベ/139.5ポンド)に2ラウンド2分3秒、テンカウントによるKO勝利をおさめています。

    サウスポーの湯場が初回終盤に左ストレートでダウンを奪い、佐々木はゴングに逃げ込みますが、2ラウンド早々に左で2度目のダウンを喫します。立ち上がった佐々木はダメージの色濃く、湯場の追撃を青コーナー前で受け、数秒間連打を浴び反撃出来ず防戦一方となりますが、ビニー・マーチン・レフェリーはストップせず、湯場がどんどんパンチを集めて行きます。何度かよろめきながらもしのいだ佐々木ですがストップ負け目前と思われた半分過ぎ、勝負を掛けに行った湯場に佐々木の左フックがクリーンヒット、湯場がダウンします。フラつきながら立ち上がった湯場でしたが、戦意を示す前に膝をガクンと折り、そのまま10カウントとなっています。大逆転の佐々木選手は11戦全勝10KO、湯場選手は7勝5KO1敗2分としています。



    セミファイナルの53.0Kg契約8回戦は日本スーパーフライ級15位の久保春平(宮田/52.7Kg)が吉野ムサシ(八王子中屋/53.0Kg)に2ラウンド1分50秒TKO負けです。2ラウンド半分過ぎ、右の相打ちのような形でダウンを奪い、見事なワンパンチKOを見せた吉野選手は10勝4KO6敗。一方、ダウンを奪われ立ち上がろうとしたところで身体をよろめかせ、レフェリーに抱きかかえられた久保選手は7勝5KO2敗1分としています。
  • 1 | 2
該当なし:getElementsByTagName Powered by iKnow!