• HOME
  • 帝拳選手 最新情報

帝拳選手 最新情報

  • 梶颯「調整は順調、来週あたりからスパーリングを始めたいです」

    梶颯「調整は順調、来週あたりからスパーリングを始めたいです」

    「まだマス・ボクシングですが実戦練習も再開出来て良かったです、これまで岩田さんや大嶋さん、野田さんとマス・ボクシングをやりましたが違和感のようなものは感じないです、自粛期間のブランクによる鈍りみたいなものは感じなかったですね。相手はどう感じていたか分かりませんが、僕は違和感も無く普通にこなせていると感じてます。」

    「今の練習が物足りないという意味ではありませんが早くスパーリングをやりたいです。やっぱりパンチの手応えなども違うし、しっかりと打つことによってコンビネーションや返し、そういったタイミングも実戦でしか分からないところもあるので、マスはマスとしてスパーリングもそろそろ再開したいと思っています。」

    「でもマスもメリットありますよね、冷静に考えながら動けるし戦術面なども考えて動いたりすることも出来ます。はたしてスパーリングだとこのくらい肩の力を抜いて動けるかどうかというところもあります、これまでの経験だとマスとスパーでは同じように動けない、力んでしまう時はあったので、様子を見ながらマスとスパーを使い分けて行きたいです、練習自体は良い調整が出来ていると思います。」

    「良いタイミングのパンチを入れて、試合だったらダウンを取ったか、効かせたんじゃないかという時もマスだと相手は普通に前に出てくるじゃないですか。なので無理に打ち合いに応じたりしないように考えたり、サイドに回って追撃しようとしたり考えてますが、そういう意味でもスパーリングだったらどうかな?と思う場面もあるので早くスパーリングをやってみたい気持ちです、楽しみです。」



    「雨は続いていますが体調は崩してません、大丈夫です。減量ですか?そうですね、1~2年ほど前から減量の方法を少しずつ計算しながら落としていくやり方にしてるのですけどほぼ予定通りです。それまでは割とガッと落とす方法だったんですが、反動というか計量を終えたあとの感覚がちょっと違う感じがしたんです、食べ過ぎるのとも少し違うんですけどね。具体的にコンディションがこう変わったというものは無いんですけど、今は順調に少しずつ落としながら動けてますね。」

    「でもこれだけ雨が続くと一番は買い物ですね、スーパー行くにも傘を差さないといけないのが面倒です。ロードワーク?はい、雨が降ってる日は帽子をかぶって走ります。朝起きてザーザー降りだとさすがに行きませんが、そんな時は家の中で出来ることをやりますね。それほどひどい雨じゃなければ帽子かぶって走りに行きます、どうせ汗でびしょ濡れになるので、カッパなどは着ませんね。」

    「以前、陽の強い日の対策に帽子を買ったと話しましたが、結局雨の日以外は帽子をかぶってません。やっぱり似合わないんですよね(笑)、それに僕は帽子をかぶると髪の毛が帽子の形にペタっとなるんです。それがカッコ悪いので、晴れてる日は帽子はかぶらないんです。でもどうせ濡れるからといっても風邪は引きたくないので、やっぱ雨の日はなにかと面倒です。」



    「今は果物を多く摂るようにしているんですけど、家に結構あるんですよ。バナナとかキウイ、色々と。女子じゃないですけどフルーツの食べ過ぎには注意しながら疲労回復にプラスにしてます。次の試合は足が大事になると思っています、出入りのステップだけでなくいかに攻撃と守備を結び付けるか、足を絶えず止めないように動くことが大事になると思っているし逆に相手の足が止まった時はそこがチャンスになるとも思います。試合まで6週間、良い練習が出来ているのでこの調子で頑張ります!」
  • ホルヘ・リナレス「実戦練習も始めました、モチベーションを切らさずに頑張ります!」

    ホルヘ・リナレス「実戦練習も始めました、モチベーションを切らさずに頑張ります!」

    「雨が多くて困るね、ホントに。朝走れると身体も動くしコンディション良いよ。でも雨降ってると走れないし、今日も途中で降ってきたから少ししか走れなかったんだ。でも走れるときはだいたい10キロくらいかな、疲れるけど足に良いよ、すごく。今日はちょっとしか走れなかったけどね、いつもはちゃんと走ってるよ。」

    「コンディションも凄く良い、大丈夫。今は王子から飯田橋、後楽園とかを通って市ヶ谷まで行って、地下鉄で帰ってくるコースが気に入ってる(笑)。市ヶ谷に美味しいコーヒーのお店が有るんだよ、昔よく行ってたんだ。だから道も分かるしね。それに地下鉄は(下りだから)全然人が居ないんだよ、朝は。涼しいし気持ちいいね(笑)。」

    「よく走ってた河川敷のコースはちょっと自転車が多いんだ、最近は特に多いよ。(河川敷に)行くまでの人が多いんだよね。この前も走ってたら事故があったの見たよ。危ないから最近は走ってないね。あとは皇居まで走りに行くときもあるし、色んなところ走ってる。いつも同じ場所走るの疲れるよ、だから色んなところ行ってるんだ。」



    「今日は(李)健太とマス・ボクシングね。やっぱ健太は良い選手。次の相手とちょっとスタイルは違うけど健太はスピードあるし、軽めのマスだから僕も色々と考えながら出来るしちょうど良いね。来週に入ったらまた違う選手も混ぜてやって行きたいね。」

    「試合がアナウンスされたけどまだ怖いね、コロナがどうなるかだよね。でもフォルトゥナはパンチがあって背は少し低めかな。試合の映像を見たことあるけど特にはじめの3ラウンドは気をつけないとだね。2階級制覇チャンピオンだし良い選手は間違いないからね。帝拳は健太も居るしサウスポー多いし良い練習が出来ると思う。カルロスがまだベネズエラから出られないのは寂しいけどね。」

    「このままじゃアメリカに行くことも出来るか分からないよね、ボクシングだけじゃなくベースボールもなんでもアメリカのスポーツはまだ分からないからね。ホントに試合があるか分からない、凄く心配だけど上手く行ってくれれば良いね。練習はいっぱい出来てるしコンディションは良いよ。問題ない。モチベーション切らないで頑張ります!」
  • 尾川堅一「減量も順調、試合までの6週間で良いコンディションを造り上げます」

    尾川堅一「減量も順調、試合までの6週間で良いコンディションを造り上げます」

    「相変わらずの絶好調です!減量も予定通りに進んでいます、少しずつ落としていくやり方なので数週間前から予定を立てていますがこの時期で予定通りです。もちろんその予定の中で応援してくださっている方との会食とかもありますけど、そういったものも含めて進んでますよ。夏は汗を掻けるから減量が進むでしょ?という声を掛けてくださる方も居ますが、汗は掻いても脂肪が燃えるのとは違うので、僕としてはバテてしまうことの方が心配ですね。」

    「実戦練習がもっと本格的になってきたり追い込みのキツい時期に暑さも厳しい中で、ガーっと汗を掻くとスタミナが切れるのも早いんですよ。でも夏の試合はそうした中でコンディションを整えることが大事になってくるので汗搔けるから楽ということはないですね。今は水の中にポカリの粉を少しだけ入れて、かなーり薄いポカリスエットにして飲んでます(笑)。」

    「まだ対戦相手は決まっていないと聞いています、おそらく外国人選手だと思いますが右か左か分からないので、今週はサウスポーと、来週はオーソドックスと、といった感じでマス・ボクシングを始めてますね。でもマスと言ってもがっつり打ち込まないだけで結構力が入っちゃう時は有るんですよ(笑)。パートナーですか?サウスポーは(中野)幹士と(村田)昴ですね。オーソドックスはその都度時間の合う選手と色んな選手とやってます。」

    「元々、サウスポーでもオーソドックスでもどちらと戦うにしても気にしないんですが、それよりも右拳が良くなったのが一番大きいです。ここ何年かはずーっと痛みはあってその中で試合をこなしてきたんですが、ケアはずっとやっていたんです。そしてこの自粛期間でサンドバッグも打てない時期がかえって拳には良かったんですね、右を打ち込めることがこんだけ気持ち良いんだと再認識しました(笑)。」

    「今まで耐えて打ってきたり、知らないうちにかばいながら打っていたりしたんですけど、その不安が無くなったのでボクシング全体のバランスが良くなったように感じるんです。そして痛みのひどい時期は左ばっか練習していた時期もあったので、右も左もどちらも良い感じで練習出来ているし、調整は上手く進めています。でも会長からはまだまだだと言われます(笑)。」



    「今、ちょっとシューズを幾つか試しているんです。ボクシングを始める時にシューズを用意しないとと思って、何の迷いも無くボクシング・シューズを買ったんですが、それがミズノ社のシューズだったんです。凄いカッコ良かったし履きやすくて、なによりボクシングをやるんだからボクシング・シューズだろ、と単純に考えて買い始めたんです。」

    「で、先日にホルヘから " 使って良いよ " って " VENUM " のシューズを渡されたんです。これまで数年間ずっとミズノ社のボクシング・シューズだったので結構新鮮でしたね、履き心地もとても良かったんです。数日履いたんですけど今はいろんなメーカーからボクシング・シューズだったりレスリング・シューズを販売しているじゃないですか、色々と試してみようと思って色々なシューズを履いて練習しているんです。」

    「僕自身がキュッキュッとステップを刻むスタイルなので、ブレーキの利くレスリング・シューズも相性が良いんだなと実感してるんです、確かにレスリングもキュッキュッと動きますもんね。なので今はアシックス社のレスリング・シューズを履いていますが、これまただいぶ良い感じなんです。ひょっとしたら次の試合はこれで行くかもしんないですし、違うメーカーのシューズかもしれないですけど、一番しっくり来るのを探し出したいですね。」



    「子供たちも普通に学校に行けてとても良かったです、自粛期間中は家で勉強させてるんですけどなかなか進まないと思っていたのが学校から帰ってくると宿題とかも割とサクサクやるんですよ。家で勉強してた時に見せてたゆるーい空気みたいなものは全然感じられず、やっぱり環境を含めた集中力の差ですかね、学校の大切さを痛感してます。」

    「でもまた感染者が増えてきたという報道が出てきて、また学校が閉鎖とかならないか心配です。学校はしっかり行ってもらいたいし、僕自身ちゃんと勉強してこなかった方なので、ちゃんと行ってしっかり勉強してほしいですね。そして色んなことを経験してほしいです。そんなウチの子供たちですが、応援してくださっている方からクワガタを頂いたんですよ。6~7匹頂いたんですけど、2匹ほどはすぐにご臨終になってしまい家族でガッカリしてました。今は玄関でクワガタと前から飼っているヤドカリが出迎えてくれるんですが飼育に必要なものもちゃんと揃えて、名前つけたりして家族で可愛がってます(笑)。」
  • 玉山将也「感染拡大を防ぐことを第一にこれからも気を緩めず頑張ります」

    玉山将也「感染拡大を防ぐことを第一にこれからも気を緩めず頑張ります」

    「前回、蒸し暑くなってきてイヤだという話をしましたが体調は変わりなくバッチリです。練習では引き続き、足を生かすことを忘れないように意識しながら動く、攻防問わず常に動きながらですね。でも足の動きを意識し過ぎたり、パンチを打つことばかりに集中するとガードが甘くなるときがある、という指摘を今日もらいました。修正してガードを締めながら打つことで、良いパンチの手応えもありましたが左右に動いてもガードが開かないようもっと意識を高めて行きたいですね。」

    「今は密集を避ける意味で、全員2時間で練習を終えて次の組と入れ替わる仕組みになってますが、正直言うともう少し時間は欲しいです。やりたい練習は集中して出来ているんですが、フィジカル・トレとかクールダウンなどの時間をもう少し取りたいという気持ちはありますね、でもこの状況では仕方ないです。あと30分あればもっと充実した練習が出来ると思いますけど、それはもう少し後ですね。」



    「都内で緊急事態宣言が解除されてからもやっぱり外出は出来る限り控えてます。幸い勤務先のレストランは就業保障をしてくれるので給料も全額ではないもののある程度頂けているので助かってますね。家での時間ですか?テレビはほとんど観なくなりましたね、数年前は結構観ていたのにいつの間にか観る気が無くなりました(笑)。」

    「観るのはWOWOWでエキサイトマッチとサッカーだけですね、地上波もほとんど観なくなりました。もともとドラマとかは全然観ないし、数年前までは地上波の面白そうなバラエティ番組を録画予約したりもしてましたけど、今は全然ですね、何でですかね?(笑)」

    「僕は幼稚園のころからサッカーをやってたんです、サッカー少年だったこともあってWOWOWのスペイン・サッカーは大好きですね、特に好きな選手はバルセロナというチームのリオネル・メッシという選手で、世界的にもかなり有名な選手なんですが、正直どのボクサーよりもメッシを尊敬してます(笑)。ボクサーで言うと、学生のころに観たオスカー・デラホーヤがカッコ良いなと思いましたけど、やっぱりメッシの方が上ですね。スポーツ選手というくくりでは。」

    「でも他の国のプロ・サッカーリーグとかJリーグはほぼほぼ興味無いんです、スペイン・サッカーだけですね。出身が北海道なので、コンサドーレ札幌が勝ったかな、とか負けたかなといった結果だけは時々チェックしますけど、他は分からないです。例えば大リーグは観るけど日本のプロ野球はあまり興味ないって人と同じようなものですかね(笑)。」

    「でもエキサイトマッチにせよスペイン・サッカーにせよ合間に告知というか番組の宣伝が入るじゃないですか、そこでたまたま面白そうなものがあると観てみようかな、となります。僕はスタジオジブリものが大好きなんですが、例えばWOWOWで再放送とかあるとついつい観ちゃいますね。何度も観た?はい、そうなんです。昔から何回も観てるんですけど出来る限りその時間はテレビの前に座ってじっくり観たくなるんですよ(笑)。」



    「自炊する際に仕事先の影響ですか?はい、それは有ります。今は日本橋にあるちょっとお高めのレストランで厨房の仕事をさせてもらっていますが(笑)、家で作る時に教えてもらったこととか生かしてますよ。例えば普通の堅いパスタなんですけど水に4時間くらい付けてからサッと茹でると生パスタみたくもっちもちになるんですよ、誰でも知ってるようなことですけど試してみるとホントに違いますよ。」

    「先日も家で父親に作ったんです、父は何を作っても美味い美味いっていうんですけど、その父でさえ違いが判るんだから間違いないと思います。その4時間浸けるっていうのが面倒ではありますけど時間のある方は試してみてください。ホントに美味しくなりますよ。でも店で普通のパスタを水に浸けて生パスタとして出してるってことでは無いですから(笑)。」

    「ようやく来週から後楽園ホールでボクシングが再開されますね、でも都内で感染者が増えてきたというニュースを見るたびにまた先延ばしにならないか心配になります。ジムでも選手を分散して練習してますけど自分自身も気を緩めないで行きたいです。気持ちが落ちる選手も居るとは思いますがボクシング界からも盛り上げていきたいですね。」
  • 村田諒太「素晴らしい試合を観て、久しぶりに熱くなった村田諒太をお楽しみに」

    村田諒太「素晴らしい試合を観て、久しぶりに熱くなった村田諒太をお楽しみに」

    「4日、16時20分からWOWOWプライムにてエキサイトマッチ・スペシャルの特番が放送されます!4月にWOWOWエキサイトマッチで僕の特集が放送された際にゲストとして呼んで頂いて以来ですからそれほど久しぶりの収録という訳ではなかったのですが、特に緊張もせずまずまずの出来だったと思っております(笑)。」

    「今回は今後のボクシング界の展望に加えて、過去の名勝負を振り返るところもあって、フェリックス・トリニダード対フェルナンド・バルガス戦、そしてホセ・ルイス・カスティージョ対ディエゴ・コラレス戦では異常にテンションが上がってしまい、自分でも香川照之さんが憑依してしまったかと思うほどアツく語ってしまいました(笑)。香川さんが以前に、この試合を観てアツくならなければボクシングに向いていない!と仰られたように、僕もかなり興奮しました。もう何回観たんだというツッコミを自分にしたくなるほどですが、あれだけアツく語る村田諒太も居ないんじゃないかと思います(笑)。再放送は16日にWOWOWライブにて8時45分からですので、予約をお忘れの方はそちらもお楽しみに!」



    「ボクシングもラスベガスのトップランクだけでなく少しずつではありますが幾つかの国でも興行が始まってきていますね、楽しみです。再開後の試合を見ると、やはり本来の階級から1つ2つ上げてのウェイトということもあって調整試合的な要素が強く、動きは目を見張るものでは無い試合もありますが今後の楽しみとして、重量級はやはりフューリー、ワイルダー、ジョシュアの三つ巴といった感じになると思うんです。」

    「この3人が次に誰とやるのかが話題の中心になっていくと思うんですよね。でもフューリー対ワイルダーの第3戦が年内に行われるんじゃないかという記事を見ましたが個人的には決着ついた感があるんですよ。ワイルダー側も勝算があるのかもしれませんけど、もう1回やっても勝てないと思うんですよね、ワイルダーは。そこよりも僕はフューリー対ジョシュアの方が見たいです、たぶんフューリーが勝つと思いますけど。でもワイルダーが第3戦決まって、またあの重たいリング・コスチュームで登場したら笑えますよね(笑)。」

    「中量級では9月開催と言われているワシル・ロマチェンコ対テオフィモ・ロペス戦が楽しみです。序盤、ロマチェンコが様子を探って、3ラウンド辺りからパンチの出どころを読んでペースを掴んでいくと思いますが、ロペスのパンチを出鼻にドンと食うのはロマチェンコも避けたいと思うんですよ。順当にいけばロマチェンコがベルトを統一して、その後でスーパーフェザーに降りていくと思うんですけどね。」

    「軽量級は憎たらしいけどルイス・ネリの動向に注目しているんです、WBCでスーパーバンタム級1位につけてるそうですけどレイ・バルガスと対戦が決まれば面白い試合になると思うんですよ。計量失敗したネリがスーパーバンタムなら体重を造れるのか、ただの体重管理出来ないボクサーなのかも気になりますし、ここのところ精彩を欠いたような試合の多いバルガスが気合を入れ直すのかも興味あります。」



    「3日、久々に玉ちゃん(玉山)と軽めの実戦形式の練習をしたんですけどやっぱり良いですね。サンドバッグやミットなど練習で良いと思う打ち方が実戦向きではない場合があることも再認識出来ました。実戦的な練習をすることで自分が練習してるベクトルの方向が合っているのか確認出来たし、修正しながら良い練習が出来ました。」

    「会長からボディアッパー1発で試合は終わらない、その後が大事と言われたのですが確かにその通りだと思います。ドンと下に打ってその次の動きに繋げることを考えながらやることが大事ですね。そういったイメージを持って練習することが重要だし、また修正しながら練習に取り組んでいます、体調も良いですしこの調子で次の試合を目指して行きたいですね。日本でも今月からボクシングが再開しますが7月16日の後楽園ホールも楽しみですよ、出場選手がどんなパフォーマンスを魅せてくれるんですかね。」
  • 永野祐樹「良いコンディションを継続出来ています、そろそろ実戦練習も再開したいです」

    永野祐樹「良いコンディションを継続出来ています、そろそろ実戦練習も再開したいです」

    「もうそろそろ梅雨も明けるころですよね、ジメジメした日が多くて困りものですがコンディションはとても良いです。カルロス・トレーナーがまだ来日出来ないとのことですが色々なトレーナーからアドバイスを貰う機会が増えて良いですね。選手もそうですけどトレーナーも人それぞれですよね、例えばミットもパンチをガチっと受けてくれるやり方と、受け流すというかかわす、さばくようなやり方と色々ありますよね。」

    「選手によって好き嫌いはあると思いますが僕は比較的ガチっとした受け方が気分良いです、割と手応えを欲しがるタイプなんです(笑)。なのでかわす系だと芯に当たってない感覚になってしまうんで、ちょっとタイミングが合ってないのかな?と考えちゃう場合もあります。」

    「今は手数を多く出すことに注意しています。左が武器とはいえそれ1発で終わる訳じゃないし、連打を出せる状態をキープすることは次の動きのためにも良いことだと思うんです。サンドバッグなどいつでもパンチを出せる姿勢を意識してますね。1日1日、ちゃんとテーマを考えてその都度違う練習をしていく選手も居ますが、僕は1つのことを毎日繰り返し繰り返し練習してコツコツやっていくタイプだと思うんです。」

    「毎日毎日、テーマを持って色んなことを試しながら練習することも良いことだと思いますがそういった選手と違って、僕はそのやり方だと本当の目的がぼやけちゃうんです。自分の長所短所はある程度理解しているつもりです、繰り返してやらないとダメなタイプなので、まず一番の目的を徹底して練習して、その次といった流れですね。」



    「先日、ロードワークに行こうと家を出たところで警察官が居てちょっと驚きました。走り始める道路まで家から歩いて行くんですけど、その電柱のところがゴミの集積場になっているのは知ってたんですが、どうやら深夜のうちにゴミへ放火されたようで、その部分だけ真っ黒に焦げてました。家のすぐ傍でしたし驚きましたけど、夜中のうちに火を付けられたらほぼ捕まらないだろうし、こっちとしてはどうしょもないですよね、ちょっと焦りました。」

    「その家ですけど、以前にマンションの下の空き地でタップボール、あのロマチェンコがやってるテニスボールを頭に付けてポンポンと打つやつをやっていたら隣の棟に住む住人から、うるさいからよそでやってくれと言われたという話をしたと思います。その時は音なんてほとんど無いのに何だよ、と思いながら止めたって話だったんですけど、何処かで聞いたのか、僕がボクシングをやってることを聞いたみたいなんですよ、そのおじさん。」

    「先日、駐輪場に自転車を停めようとしたら、そのおじさんが入り口でタバコを吸ってたんです。うちのマンションはその狭い入り口を通らないと駐輪場に行けない造りになってるんです、邪魔だなぁと思いながらも相手にしないようにしたんですが、そしたら近くに来てボクシングやってるだろ?って言うんですよ。まぁ、マンションの下で体操とかトレーニング的なことをやっているから目についたのかもしんないですけど。」

    「そのおじさんが先日、駐輪場で別の住人の自転車を動かして自分の自転車を停めてたのを見かけたんです。住人専用の何台も止められる駐輪場なんですが、どうやら自分の自転車を停めるスペースを自分の中で決めてるらしく、そのスペースに停めてる自転車があると移動させて自分の自転車を停めてるんです。狭い入り口でタバコを吸っていれば誰も入れなくなるし、自転車が勝手に動かされていたらその持ち主も良い気分はしないですよね、世の中には色々な人が居ますけど困ったもんです。」



    「いつも色んなYouTubeを見てるので、村田さんのYouTubeチャンネルもチェックさせてもらっています、でもまだ2件くらいしか挙がってないですよね。もうちょっとマメに挙がると思っていたんですが(笑)。でも芸能人とかスポーツ選手がどんどんチャンネルを作ってるじゃないですか、僕も興味は凄くあるんです!将来的にはチャンネルを作りたいとは思っているんですが、でも企画とか方向性とか考えると簡単じゃないですよね、もしも将来にチャンネルを作ったら是非登録してくださいね(笑)。」

    「僕は夏バテなどは無いです、食生活で注意していることもあまりありません。夏だからとか試合が近いからとかで食べるものを変えたりしないですね、量は変えますけど。試合が決まれば時々行くラーメンを減らしていくのでその分体重も落ちていくという感じです(笑)。栄養価とかカロリー的なところを勉強し過ぎて頭でっかちになってもしょうがないという気持ちもあります。プロテインですか?僕はプロテインは飲みません、サプリメントは " マルチビタミン&ミネラル " というものと " ヘム鉄 " という2種類のみ摂っています。理由ですか?以前、亀海さんに勧められたんです。成分とか効能のようなものは良く分かってないんですけど、栄養価とかを考えずに食事を摂っているなら、これだけでも飲んでおいた方が良いよ、と勧めてもらったのでそのまま摂り続けているんです。」
  • 豊嶋亮太「これからもっと暑くなりますがヨーグルトを食べてしっかり乗り切ります!」

    豊嶋亮太「これからもっと暑くなりますがヨーグルトを食べてしっかり乗り切ります!」

    「体調はずっと良いんですけど、さすがに暑さがきつくなってきましたね。梅雨とあって湿度が高いんで汗の量が尋常じゃないんです。僕は昔から汗っかきというか代謝の良い方で、夏は摂る水分に気を付けないとやばいんですよ。熱中症なども注意してますし熱がこもるような感覚って言うんですかね、確か中学生の頃ですけど視界がホントにやばくなって本物の熱中症になったこともあるんです。夏は楽しいイベントとかも多くて季節自体は好きなんですけどね。」

    「食事面での注意ですか?炭水化物は入れるようにしていますね、それと季節に関係なくですがタンパク質の量は考えてます、摂り過ぎないようにとか。あとはヨーグルトですね、身体に良いということは知っていたんですが、新人王を獲ったころからなのでかなり以前からになりますがサポートして頂いてるんです。ヨーグルトを中心に造っている会社さんから毎月送って頂いてるんですよ。」

    「実家の福岡市の西隣に糸島市というところがあってそこに工場があるんです。帰省したときには挨拶に伺わせてもらっているのですが、" 伊都物語 " っていう銘柄のヨーグルトで東京でも知ってる方が居るんです、結構知られている銘柄です。新人王を獲ったあとで糸島市役所に訪問させて頂く機会があったんですが、その訪問したというニュースを市役所の広報で見たと直接連絡を頂いてからですね、もう4年ほどになりますが先日の自粛期間中などもいつも送って頂いて本当に助かってます。プレーンだけでなくいちご味などもあるので毎日朝と夜、必ず食べてますがひいき目無しに美味しいですよ!こっちで九州の物産展などあるとだいたい並んでいますので皆さん、よろしければ是非どうぞ!」



    「3月頃と比べて少し外を走ることに抵抗も減ってきたので選手何人かで集まってラントレを再開したんです。まだ数日しか経ってないですけど、スケジュールもありますが週に2日か3日は集まりたいなと思っています。やっぱり1人より数人で走ることでプラスも多いし、お互いに刺激になりますからね。」

    「自宅近くにトラックもある大きな公園があるんですが、元々その公園で走る目的で今の家に引っ越したんです、アクセスを考えて。都内はしっかりと走ることが出来る場所もそれほど多くないですよね、ロードワークする場所をしょっちゅう考えるのも面倒だと思ったんですよ。でもその公園を走ってると他のジムのボクサーや、違う競技のアスリートっぽい選手も結構見かけます(笑)。」

    「普通のロードワークのコースを走る日もありますが、その公園で走る時は800メートル走やもっと短い距離をスピードを考えて走ったりしています。というのもやはりボクシングって足だな、と思うんです。もちろんパンチを打つのは上半身ですが、世界チャンピオンなど強い選手を見ると重心がフラつかないというかバランスが良いですよね。もちろんセンスもあると思いますが、センスだけと思うような選手ってやはりバランスが悪くフラフラする場面も多いと思うんです。」

    「きつい練習をすれば強くなるわけじゃないですけど、その競技に向いたトレーニングを考えることは大事かなと思うんですよ。以前に話しましたが、ロープを30分ほど跳ぶのもそうですし、足のスタミナですね、下半身の強化は重点を置いています。」



    「練習再開した時と比べて少しずつ練習時間が増えて良かったです、このままコロナウイルスの影響も収まっていってほしいと思います。ジムでは色々なトレーナーにミットを持ってもらったり、アドバイスを貰ったり出来ているのが凄く貴重だと考えています。ジムでの練習時間自体はまだ制限があり思っているような長さでありませんが、自分が思うような、考えてるような動きに対して、良い悪いなど意見を頂く時間が増えたことは良いと思いますし、柔軟にこういう時間を生かして鍛えていきたいと思います。」
  • 中野幹士「尾川さんとの練習はとてもプラスになります、身体も出来てきた感じです!」

    中野幹士「尾川さんとの練習はとてもプラスになります、身体も出来てきた感じです!」

    「今日も梅雨のジメジメした天気でしたが体調は良い感じ、バッチリです。ジムでスパーリングはまだなんですがマス・ボクシングがやっと出来るようになり尾川さんとやらせてもらっていますが、めっちゃプラスになります。もちろん尾川さんが思い切り打ってないのもありますが、やっぱり飛び込みのスピードが凄いですし速いです。」

    「前回言いましたがいまの課題の一つに動きを止めないことを挙げているんですけど、なんとか尾川さんの攻撃をかわせたとしてもその後が続かないんです。避けてばかりいてもしょうがないですし、もしこれが実戦だとして相手がカウンターパンチャーだと手数の少ないぐずぐずした試合になりかねないんで、こっちからも仕掛けられるように、動くにしても攻撃に結び付けられるような動きをしないといけないと考えながら練習しています。」



    「毎日のロードワークですか?家を出て右に行こうか、左に行くか、その時の気分次第ですね(笑)。右に行けば荒川の河川敷がメインになりますし、左に行けば日暮里とか上野方面って感じで特にこだわりはないです。心拍数を計ったりはしていません、距離も8~12キロくらいです。足ですか?小学生のころなどは短距離も自信あったんですけどね、今は長い距離もどちらも飛び抜けた自信は無いですね(笑)。」



    「プロデビューして1年半ほどが経ちましたが、ベースの体重は少し増えましたね。デビューした時から身体をしっかり造らないとと考えてバランス良く食べることを心掛けてきましたが、ここ最近は身体がデカくなったね、という声も貰う時が増えてきて良かったです。好き嫌いですか?チーズ、固形のチーズは駄目ですね、においも味もすべてダメです(笑)。基本的には何でも食えるタイプだと思うんですが。」

    「でもグラタンとかピザだと食えるんですよ、なんでですかね(笑)。僕は大学は寮生活だったので食事は出ていたんですが、卒業して独り暮らしするようになってから料理を覚えたんです。とはいえ最初は冷凍食品とかばっか食べてたんです、でもこんなものばっか食ってたら身体に良い訳ないと考えるようになって、時間のあるときにネットで調べたりして自炊を始めました。」

    「大学の寮では朝と夜の2食が出るんですが昼は自分で準備していかないといけなかったんです、周りはほぼほぼカップ麺ばかりでした。カップ麺が嫌いという訳じゃないんですけど、そんなん食ってても絶対に強くなれないと思ってカップ麺は全く買わなかったですね。僕は昔からそういうところがあって、例えばおにぎりを買うにしても普通の白米と雑穀米とが並んでいたりすると雑穀米の方を掴むタイプでした(笑)。身体に良い悪い、強くなれるかどうかで決めてしまうところがあるんです。」

    「なので冷凍食品も最初だけで、楽ですけど身体に良いこと無いなと思いはじめて自分で作るようになったんです。最初に作ったもの?カレーですね。ちゃんとジャガイモやニンジン、豚肉も買ってきてルーから作るやつですよ、レトルトじゃなく(笑)。作り方を色々と見ながらですけど結構美味く作れたんです、その次は親子丼を作ったんですかね、これもそこそこ美味しかったですよ。」

    「でも自分でイチから作ると充実感もあって美味しく食べられますよね。今では結構レパートリーも増えたし自信もありますよ(笑)。この自粛期間中も出来る限りレパートリーを増やそうとネットなどで調べて、あまり手間の掛からない、それでいて美味しそうなものをチェックして試したりしてました(笑)。次の目標ですか?なんかこじゃれたものを造ってみたいです、洋風の。なんとかのカルパッチョとか、なんとか風なんとか、とかそんなのを(笑)。後片付けなど考えると確かにメンド臭いですけど、少し多めに作って2~3日もたせれば良いし、今は外食も全然行かなくなりましたね。」
  • 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13